fc2ブログ

ローズペタルジャム

ピエールドロンサール450
昨年kuisinbouさんが真っ赤なバラの花びらでジャムを載せたことがありました。
それ以来気になっていたジャムです。
毎年真っ赤なバラが近くのお宅の垣根にたくさん咲きます
真っ赤なバラはビロードタイプの大輪のバラです。道路ぞいに咲いてるのでダンナさんに花びらが欲しいと行ったら妙な顔をされてしまいました。「いいよ」といってくれたのですがあまりお話したことないので行きそびれてました。

昨日ハンナの散歩で一緒になったコーギーのラッキーくんのママが「今うちのバラがきれいよ」というので花びらが欲しいと言ったら「好きなだけ持って行っていいわよ」と。

ただ赤いバラでなくなんとピエール・ド・ロンサールなんです。
ピエール・ド・ロンサールが見事に壁面に咲き誇ってます。「無農薬だからジャムにしても安心よ」と。でも花首から切るのが可哀想な気がします。
ロンサールは中心がピンクで回り薄いグラデーションのバラです。はてどんな色になるのかな?
kuisinbouさんがこのバラでもジャムを作ったらしいのですが色がぼけてると仰ってました。

作ってみないとわからないので花を切らせてもらいました。
もう少し前だと濃いピンクや黄色も咲いていたそうです。
一重のバラ350

玄関横には一重の赤いバラが咲いてます。
ロンサールは花びらがたくさんありますが色が薄いので色出しに少しいただいて来ました。

バラジャムの作り方をネット検索していくつか見つけました。
一番多いのが花びらにレモン汁をかけて揉み色を出し、水と砂糖と花びらを煮て色を出したものを加えてしばらく寝かせ再び煮詰めるという方法のものでした。
花びら300

バラの花びら150gと書かれてましたが花びらをバラしたら100gしかなかったです。
もう少しもらってこようかと思いましたが面倒で他の分量を減らして試みました。

搾った水300

レモンをかけて強くもんだらきれいなピンクの色水ができました。
花びらを砂糖と水で煮るとあまりきれいな色ではないです。しばらく煮てレモン汁を加えたら少し綺麗な色になってきました。
煮てます300
こんな色に300
食べて見たら苦みがあります。
バラの苦みなのかレモンをギュウギュウ搾ったので皮の苦みが出たのかわかりません。
色水を戻しペクチンも加えて完成。
バラジャム350
色はとっても素適な魅力的なローズピンクです。
こんなに綺麗な色になるとは意外でした。赤いバラを少し入れたのが良かったのかもしれません。
赤いバラで作ったら真っ赤できれいでしょうね。

冷めたらかなり硬めになりました。ペクチンの分量が多かったのかもしれません。
瓶に詰めましたが翌日もう少しトロッとした方がいいので再度煮ました。
やはり苦みはまだあります。
バラの花びら自体は苦いようですがジャムは苦いと書かれてるのはないです。
なんでだろう? 作り方がまずかったのか?ピエール・ド・ロンサールが苦いのか?色出しにいれた赤い一重のバラか?うちに咲いていた赤ピンクのミニバラがいけないかったのか?不明です。

大小1瓶づつできたので小瓶はラッキーくんのママに差し上げました。
「苦味があるけど話しの種でもらってね。」と言い訳つきです。
ラッキーくんのママはうちのバラで出来たジャムと喜んでくれました。
バラジャム紅茶300
紅茶に入れてみました。
紅茶の渋みとジャムの苦みが以外と合いました。底に沈んだ花びらを食べると花びらというのがわかります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ご無沙汰してまーす^^
ブログちょくちょく覗かせてもらってます!
(読み逃げでスミマセン)

バラのジャム、ちょうど私も昨日某サイトで見て気になってたんです♪
ただ、残念ながらうちにはバラがなく。。
こんなにたくさん花びら使うなんて、なんとも贅沢なジャムですね。
食べた後、体からいい香りが漂ってきそうです。

綺麗ですね~

なんて綺麗な色なんでしょう~!!

バラも綺麗ですが、できあがりのジャムも
すごい素敵です。

うちは園芸担当の母が棘のあるバラが好きでないので
バラが一つしかないんですよ(^^;;

贅沢なジャム♪

美しいジャムになりましたね!
貴重な花びらだけのジャム、気持ちまで贅沢になれますね(^^)

我が家の近くに「薔薇ジャムのケーキ」を出す喫茶店があります。
一度だけ食べましたが、あんまり味がしなかったような……
きっと「味」を求めてはいけないものなのでしょうね。

mizmizさん

お元気ですか?
私も時々覗かせていただいてます。

バラのジャムってなんとなく優雅な気分になりますよ。
家にもバラありますがミニバラばかりでご近所さんからいただいてきました。
お花屋さんのは農薬つかってるから使えません。
無農薬でお庭で育ててるのをいただくのが一番です。

花びらって以外と重量がないです。残ったら乾燥させてポプリにするわなんて帰ってきましたがポプリにはできませんでした。

mimakiさん

赤いバラでなかったので茶色っぽくなるのかなとおもってましたが思った以上の綺麗な色に仕上がりました。

ピエール・ド・ロンサールを可愛がってる人が見たら激怒するかもしれませんね。

棘の無いバラはモッコウバラでしょうか?
黄色いバラでも作られてる方がいらっしゃいました。
我が家の白いモッコウバラは今年は全然咲いてくれませんでした。

margoさん

とうとうバラの花びらまでジャムにしてしましました。
果物でないジャムは初めてです。
バラのジャムというだけで優雅で豊かな気持になります。
花びらをむしる時思わず「ごめん」と言ってしまいましたよ。

バラのジャムのケーキなんてステキですね。でもこのジャム苦みがあるからケーキにはならないかも。
確かに味を求めてはいけないのかも。

うちでも

実家のばらの花びらを冷凍しておいてつくりましたがやはり苦かったです。母は食べてると慣れたといってますが・・・
今年も100種類以上のバラが咲き乱れてました、またブログに書きますね。

たしか買ったバラジャムには40個の花びらが入ってるっていってたかな?高いはずです。

ポメマルさんへ

すご~い!
薔薇のジャムなんて、さすがポメマルさんっ!
好奇心のかたまり~!(笑)

私なら薔薇の香りを嗅いで“う~ん、いい香り~♪”でおしまいだわ、きっと・・・

苦味が出たのはちょっと残念だけど、色は想像よりもず~っとキレイです。
香りはどうなんでしょう?
やっぱり、蓋を開けると薔薇の香りがするのでしょうか?

うっとり…

こんなにきれいなピンク色のジャムは見たことがありません。
真っ赤なバラのジャムも素敵だけど、これもかわいいじゃないですか。

自分のお庭のバラがジャムになって帰ってくるなんて…そのご近所さんがうらやましい♪

ところで、先日私も道の駅で「ヤングコーン」を見つけました。
すかさず購入し、「ゴミを買ったのか」気分を味わいましたよ(爆)
トラバさせていただきました、よろしくで~す^^

バラの花びらのジャム

こちらだとブルガリア産のがデパートで売られているんですが、買ってみようと思いつつまだ買ったこと無いんです。日本でもえらく高いお値段で通販に出たりしてるみたいですね。

そのブルガリアの、ジャムではないけれどバラの香水を作るためのバラの収穫の話を含むドキュメンタリーを昨日テレビで観たんです。ちょうど最初の写真みたいな薄いピンク色の大輪のバラでした。それを、ロマ(ジプシー)の季節労働で収穫するんだそうですが、労賃は出来高制で、花びら一キロ集めて100円にもならないんですって。もと豚舎だったという場所を改造した不潔な宿舎に泊まってバラの花を収穫し、それが回り回ってシャ◎ルやラ●コムや・・・の香水に化けるのかと思うと、なんだか世の中の不条理を感じました・・・。

バラのジャムも、味よりもむしろ香りを楽しむものなのかも知れませんね。

ポメマルさんのバラの花びらのジャム、とても綺麗な色ですね~v-238
ずっと昔にどこかでバラのジャムを食べたことがあるような気がするのですが、どこだったかなぁ?
ローズ味の食べ物ってちょっと苦手なんですが、作るのは楽しそうです^^

フィノさん

バラのジャムは苦いものなのかしら?
そのまま花びらを食べたら苦いですよね。ネットでいろいろみると苦いという文字は見なかったんですよ。
だから美味しいのだろうと思ってしまいました。
>母は食べてると慣れたといってますが・・・
そうなんですか。食べ慣れるということも必要なのですね。
マカロンを作って他のジャムと一緒にして挟んだらあまり苦みを感じませんでした。

>今年も100種類以上のバラが咲き乱れてました、またブログに書きますね。
またまた種類がど~んと増えましたね。お母様凄いですね。育てるのがお上手なんですね。

>たしか買ったバラジャムには40個の花びらが入ってるっていってたかな?高いはずです
そうですか。40個分の花を使うですか。小さめの花ならそのくらい使わないといけないかもしれませんね。

あまおうさん

とうとう実でなく花のジャムまで手をだしてしまいました。まさに好奇心のかたまりですね(笑)
香だけでなく花を食べてみたいという気持に負けました。

色はローズピンクできれいでしょ。私もこんな綺麗な色になるとは思いませんでしたよ。

>香りはどうなんでしょう?
残念ながらまだ花粉症の影響が残ってて私には香はあまり感じられません。
よく匂う時に嗅いでみますね。

mocaちゃん

>こんなにきれいなピンク色のジャムは見たことがありません。
わ~~! 嬉しいお言葉ありがとうございます。
来年は赤いのも作ってみたいです。

バラのジャムなんてまず口にすることはないでしょうから苦くても差し上げました。色がきれいなものになったので良かったです。

おお! ヤングコーンやはり道の駅でありましたか?
「ゴミを買ったのか」気分をだったでしょ。
TBありがとうございます。後ほど伺いますね。

ぴかままさん

ブルガリアのダマスクローズは綺麗なピンクのバラですね。生花もきっといい香なのでしょうね。この花の製品はなんでも高いですね。

以前「世界うるるん滞在記」でも女優さん(どなただったかは忘れました)がバラの花びらを摘む作業を手伝ってるのを見たことがあります。
陽が上がる前に収穫しないとダメとかで大変そうでした。
花びら1㎏ってすごい量でしょうね。それなのに100円にもならないのですか?
そんなドキュメンタリーを見て裏をしってしまうとガッカリしますね。

>バラのジャムも、味よりもむしろ香りを楽しむものなのかも知れませんね
まだ花粉症が完治せず香を感じたり感じなかったりなんです。
花びらの食感も面白いですよ。

ポプラさん

ありがとうございます。色は思ったよりもきれいな色に仕上がりました。

>ずっと昔にどこかでバラのジャムを食べたことがあるような気がするのですが、どこだったかなぁ?
フランスならバラのジャムもたくさんあるのではないかしら。

ローズウォーターだったと思いますが一度口にした記憶がありますが化粧品のような味だったような気がします。
このジャムはそういう味はないですよ。
私も本当の所は食べるよりも作ることの方が楽しいですね。

こんばんは!

おおおお!薔薇のジャムですか!
何だか貴族的v-20で素敵!
ちょっとオスカル様とかエドガー様とか思い出しちゃったのは私だけ?(いいの、わからなくても…)

車で愛媛の実家へ帰るときには、長崎道~九州大分道を通るのですが、その途中に天ケ瀬というところがあって(大分県日田市)そこのバラジャムは割と有名です(九州比ですが…)。私も興味本位で買ったことがあるのですが、あまりバラって香りはしませんでした。
薄いピンクと濃いピンクがあったような…。

お写真を見ていて思ったのですが、煮詰めていくときに、花びらから出てきた水分はずいぶん綺麗なばら色をしていますよね。天ヶ瀬のバラジャムはあまり花びらが入っていませんでしたから、この時点で花びらを減らしたのかも…。

たった一鉢のウチのバラは、今年はかなり大きな花を5つつけてくれました。でも5つじゃ足りませんね~ジャム…。

ぴかぴさん

バラ 薔薇と書くと貴族的になりますね。
それをジャムにしてしまいました。

きっとジャムにして香りがあるのは生花でもきっと香の強い花だと思います。
残念ながらロンサールはあまり香は強くないみたいですよ。
来年はもう少し早い時期で香りのよい花があるらしいのでそれで作って見たいです。

よくわかりませんが搾った水が大事なポイントのようです。

一度市販の薔薇のジャムを味わってみないといけませんね。

大きな花が5つもすごいです。5つでも焦がさないように気をつければ作れますよ。

おお~~っ!!

こんばんは。
綺麗な色のジャム、びっくりです。
感激ですね~♪
苦味があるところがいかにも薔薇ジャムらしい?!
岐阜の花フェスタに「薔薇ソフト」売ってるんですけど
小さい子が一口食べて怒って泣き出しました。どうも(苦味)というか薔薇特有の味がダメだったみたいです。あんなに激しく反応する子も珍しいですけど・・・それを思いだしました(笑
赤い薔薇、形はカクテルにそっくりですね。
カクテルは最初、中心部が黄色で最後は全部が赤くなるんですよね。どちらもジャム向きですね~♪

今年はたっぷりと咲いたのですけど遅かった~
ほとんど散ってしまいました
明日も雨みたいだし今年は収穫は無理みたい
こんな素敵なジャムができるのですね
種類によって味が違うのかしら 苦味に差があるかもしれませんね
きれいでお茶の時間が楽しくなりますね

メープルままさん

薔薇ジャムとしては苦みがまたいいものなのかもしれません。
毎日すこしずつ口にしてますが大部苦みにも慣れてきました。
今朝はトーストにのせてみましたが結構いけます。
花びらの食感がキュキュとするんですよ。

薔薇ソフトは大人向きと説明が欲しいですね。
子供には苦みは可哀想ですがおもしろいですね。

カクテルという薔薇ではなかったようですね。
この花を入れなかったらこの色は出なかったと思います。
メープルままさんのお庭には薔薇がたくさんなのでいろんなジャムができそうですね。

ななママさん

このジャムをのせるのが遅かったですね。
来年咲いたらぜひお作り下さい。

薔薇の種類によって味が違うのかはわかりません。
来年どこかのお庭の薔薇をいただいてつくってみたいです。

このジャムをみてるとなんとなく優雅な気持になりますよ。

きれいな色のジャムになりましたね。とっても優しい色・・・。私のは真紅のバラでつくったのでジャムも真紅になりました。

ドイツに行っている間にロンサールは咲き終わってしまって、今年は見ることができませんでした。他のバラも花びらがほとんど落ちてしまって、せっかくお世話したのに・・・。でも、夫が見てくれたかな。水遣りはしっかりとしてくれたようです。

kuisinbouさん

お帰りなさい。お疲れ様!
ロンサール間に合いませんでしたか。
ダンナさまのお世話で来年はきっとまたたくさんの花を見せてくれますよ。

本当は真っ赤な薔薇で作ってみたかったんですよ。
ロンサールで作るとなった時にkuisinbouさんのロンサールのことが頭をよぎりました。

でも赤いのをいれたのできれいな色になったでしょ。

真っ赤な薔薇のジャムは苦みはなかったですか?


ひゃ~っ、これはめちゃめちゃ贅沢なジャムですね~。
花びら集めているときから優雅な気分になれそう!
花ってバラに限らずどれも大体苦味があるものね。
食べるにしてもジャムなどにしてもお味というよりは香りと見た目を楽しむものなのでしょうね。
それにしてもこれを作っているときはきっと幸せな気分だったでしょう~。
食べるよりも作るのがいいのよねって言ってるポメさんの姿が目に見えるようです!!
昔、バラの香りのガム(フィルムではなくて金色の箱に入ってました)があったの覚えてますか?
子供ながらにあれを食べるとなんとなく贅沢な気がして、香水の味みたいなのによく買って食べてました。(笑)

楽ちゃん

薔薇のジャムって優雅な気分になれますよ。
花びらをむしってかごいっぱいになった時からですよ。

花を食べて美味しいのはエディブルフラワーくらいかしらね。普通は苦みがありますよね。
食べてるうちに慣れてきました。

花びらを煮てる時は果物と違って可哀想な気がしてました。作ってる時は幸せですね。

薔薇の香りのガムなんてあったの?知らないわ。
子供たちは男の子だったから知らないのかも。
うん 香水のような味というのはなんとなくわかりますね。でもこのジャムは香水のような香りと味はしませんよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)