スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイを変えたよ~!

新しい携帯
docomoのSO706iです。

二つのケータイ
前のケータイの厚さを比べたら半分です。
前のケータイは2年ちょっと使ったでしょうか。本当にどんどん進化してますね。

3月末に消滅するポイントが3000あったのでそのまま消滅するのはもったいないから新しいケータイに変えようかなと思ってたのですが春はバタバタしてて気づいたら年度末でした。
ケータイも買い方が変わったのでやけに高価なものになったような気がします。
息子たちは新しい製品が出ると買い直してビックリするような値段のものを簡単に買い換えると感心してました。
ケータイは0円とか1円でいいやなんて思ってました。(機種変更はそうはいかないのですよね)
最新型でなくても機能さえちゃんとしてればいいと思ってたので並んでるケータイの高いこと。こんなものが5万円もするの?
でも新しい料金形態にするとそんなに高くないそうです。(とはお店の人の話)

変えるのならどの機種がいいかと何度か見てはいたのですが今一決め手になるものがありません。
長いことシャープ製を使ってました。操作が似てるので同じ会社のものの方がいいのですが今回は冒険してsony製です。
前のものを買い変えたときもいきあたりばったりでした。2年ほど前に近くのスーパー内にケータイshopができてキャンペーンで確か2980円だったような気がします。でもこの価格になるにはいろいろな条件をすべて満たした時だと。
まず年齢制限、同時に2台購入・・・その他いろいろなサービスをとりあえずつけるというものでした。
夫がこのキャンペーンを見つけ変えようというので2台買わないと安くならないのならいいや私もと同じもので色違いを購入しました。

そして先日同じshopを覗いてて今のケータイは厚くて重いから薄いのに変えようと言い出しました。
大体ケータイをもっててもめったに使わないんだから意味がないと思うのだけど。
でも確かにかなりスリムです。(ちょっと気持ちが動きます)
夫は海外でも使えるというのが気にいったようです。でもいつ海外にいくのかね。
しばらくはそんなどころじゃないだろうに。

ポイントが貯まってるし新料金になると今まで払ってる料金とそんなに金額が変わらないというので私も一緒に変えてしまいました。
前のが白だったので同じ白と思いましたがこのピンクが可愛過ぎないのでいいかなと初めてピンクにしてみました。夫のはオニキスブラックとなってますが黒より濃紺のような感じです。

製造会社が違うと操作もかなり違いますね。
機能は全部使いこなせないのだから「らくらくホン」でもいいのですがまだ普通のでいいよねと二人して多少無理してます。

はじめは失敗したかなと思いましたが、2週間たちようやく慣れてきました。私はほとんどメールしかしないので文字の変換は前のより優れてます。
薄くて軽いのはいいのですがバッグに入ってしまうと探すのが大変です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ポメマルさんへ

新しい携帯は使い勝手が前のと違うと慣れるまでにちょっと時間がかかっちゃいますよね。
でも、携帯はどんどん進化していますよね。
ワタシの携帯も春先に変えたのですが、画素数がデジカメより多くて写りがとってもキレイなんです。
昔の携帯の写真を今見たらとんでもなく粒子が粗くて『こんなので喜んでたのか~』ってビックリします(笑)

そういえば、携帯が普及し始めた頃に首から携帯を下げてた人が沢山いたけど、今は殆ど見かけませんね~!
どこに行っちゃったのかしら???(笑)

あまおうさん

こんばんは~。
あまおうさんも春に新しいのに替えたのですね。
新しいのになれるのは少し大変ですが機能は確かによくなってますね。

写真は前のよりももう一つ前の画素数が小さいのですがとてもきれいに撮れました。その次のは画素数は大きいのですがいまいちであまり使いませんでした。

今度のは200万画素なので昔のデジカメ並のきれいさでしょうか?
どうしても写真はカメラになってしまいます。

そういえば首からかけてる人っていましたね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケータイは何のための道具?――10代は“メール”、30代後半は“通話”がトップに

 ネットエイジアは8月12日、「ケータイ所有と利用」に関する実態調査の結果を発表した。調査は8月5日から同9日まで、15歳から39歳のケータイユーザーを対象に行ったもので、有効回答数は444人。 同調査によれば、ケータイ(PHS含む)を初めて持った年齢は「16歳~18歳」...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。