スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花を愛でるでなく食す♪

花おくら
東名のどこのSAだったか忘れましたがこんなものを売ってました。
花オクラです。
この花一輪が結構大きい花です。芙蓉の花に似てますね。
10個入ってて130円でした。
おばさんに食べ方を聞いたら生のままなら黄色い花弁だけにして細く切っておかかをかけてお醤油で食べるのだそうです。
茹でる時はバラバラにならないようにガクを落とさないで茹でる方がいいそうです。
夫が「また変なものを買った」といいたそうな顔してます。

お浸し
早速生を千切りにしておかかとお醤油で食べてみます。ふわふわと頼りない食感です。
いかにも花を食べてるという感じ。
茹でたら花の色が水に溶け出し黄色い水になりました。花自体は少し薄くなったような気がします。
水気を絞ったらオクラなのでぬめりがあります。
酢の物
適当に切ってキュウリの塩もみと酢の物にしました。
茹でた方が美味しい。

後でググってみたら花オクラはオクラの花ではないそうです。
花の大きさが違うそうです。
別名花とろろともいうそうです。
これ茹でたら早めにあわせ酢に浸けたほうが色がきれいです。その後茹でてしばらく置いてしまったら変色してしまいました。酢に浸けてみましたが元の黄色にはもどりませんでした。


もってのほか
そしてもう一つの花はおなじみの食用菊です。
八百屋さんで花びらだけになったものが袋入りになってたので買ってみました。
黄色の菊でなく紫色の「もってのほか」です。
やはりこれは茹でて三杯酢で酢の物かな。
もってのほかとしめじのお浸し
ほうれん草とシメジのお浸しを作ったのでこの菊も混ぜてみました。
色合いからみると黄色の菊の方がきれいかもしれません。
もってのほかとエノキのあえもの
もう一つえのきだけと合わせてみました。これは色がきれいです。
たくさんは食べられないので冷凍にしておきました。
そして山形から届いた荷物に菊がはいってました。これはお花の格好のままです。(上の写真)

tennpura!.jpg
天ぷらにもいいようなので天ぷらにしてみました。みただけではなんだかわかりませんね。
もう少し薄衣にすべきでした。菊の香りとほろ苦さが大人の味とでもいうのでしょうか。
天ぷらは食べやすいですがこれもたくさんはいらないですね。1個いただけば十分です。
IMGP0050.jpg
残りは茹でてまた冷凍にしましょう。
落花生豆腐を作ったので上に冷凍した菊の花の餡をかけて風雅な一品です。
落花生豆腐菊餡かけ
落花生豆腐がクリーミーで菊の風味と合いますよ。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

NoTitle

こんにちは^^*

ポメマルさんも♪ おかかとお醤油!最初の食べ方が一緒ですね^^*
他に、「みょうがと青じそ、そしてさらにおくらで、ネバネバ度UPさせて食べるのも美味しい」と、どこかのブログでも見ましたよ~~
私は、ご飯の上にのせて、納豆感覚で食べるのが美味しかったです^^

「もってのほか」って名前、おもしろいですね。
紫色がきれいですね^^

ぱみちゃん

おかかとお醤油は売り場のおばさんから仕入れてきた食べ方です。
ご飯に納豆のようにかけてはやってみなかったです。
生の方がネバネバがすくなくさらっとしてますね。でもよくかき混ぜれば納豆のようになったのかな?

『もってのほか』頭のどこかにインプットされるでしょう?
黄菊より苦みが少ないそうです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。