スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も年末の風物詩に

まぐろうり
三浦半島三崎漁港で開かれるまぐろ祭りに今年も行ってきました。

この年末はとっても暖かいです。
30日はマグロ祭り最終日なので混雑が予想されるので6時半に出ました。6時半だとまだ薄暗いです。
高速を走ってるとどんどん明るくなってきます。
朝日
6時55分過ぎ東の方角が明るくなってようやく日の出です。

ここ何年かは諸磯経由で三崎に入ります。この道はまだあまり知られてないようでスイスイです。
諸磯はヨットハーバーが絵になる風景で好きな場所です。もちろんカメラに納めます。
諸磯350

今年は海の臨時駐車場が整備されてきてちゃんと駐車場になってました。(まだ完成してはないようで鋪装されてません。このところ天気がいいので水たまりはなかったです。)

すでに買い物客で溢れてます。
三浦大根
まずは三浦大根を品定め。今年は高めかな。この画像のは400円ですが1本800円なんてびっくり大根もあります。特別大きいとは思えなかったので何が違うのか聞いてくれば良かった。
300円からしかないですね。
去年は先端が2本足になったのとか表面が割れてしまったのでも中はどうってことないものが100円くらいであったのですが今年はなさそう。
重いので買うのは最後。

まぐろ祭りのブースの中へGO!
ハンナだっこされて
ブースの中は人混みなのでハンナは夫にだっこしてもらいます。

まぐろ1
家はあまりまぐろのお刺身を好まないのでそんなにいらないのですがとりあえず最初に入ったお店でこんなブロックを発見。大トロから赤身までが入ってます。
値段もメバチマグロなのでリーズナブル。
夫が買いたいものは尾の部分。このお店で聞いたらもうとっくに売り切れたと。では仕方ないからあまり大きくないものをゲット。

他のお店を見ていたら後の方に尾を発見。
まぐろ
なんだあるじゃない。
いつもだと500円からなのにここのお店中央の小さいものは300円ですって。
400円のものを買ってきました。
尾は解体するのに面倒であまり嬉しくないのですがネギマ鍋などにはもってこいなんです。
出来れば脂がのってるものは煮ても柔らかくて美味しいです。
初めてこの尾を買った時は一緒に本マグロも買ってきたのですがなんとこの尾の部分を刺身で食べたらとっても美味しかったんです。
本マグロよりも美味しかったです。(もしかして本マグロの尾だったのかもしれませんね。)

ここに来るとマグロのほほ肉とか目玉とか変わったものも目にします。

花屋
お花屋さんもあります。シクラメンが安いのですが今年はあるのでやめ。
千両の鉢植えを買ってきました。

最後に大根を2本キャベツ1個、ブロッコリー、サラダほうれん草、ターサイを買って今回は終了。

露天も出てて去年ペットのお店で首輪を買ったので今年も探したらあったのですが初日に売れなかったから持ってこなかったですって。
去年買った皮のリードの金具が壊れてしまったので新しいものを買いたかったのですが残念でした。

キャベツ畑
三浦の特産は三浦大根とキャベツ。
キャベツ畑が広々と続いてます。
いつも思うのですが三浦は気候も温暖でのんびりとしてて住みやすそうと思います。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

三浦大根

4年前この時期に東京で2ヶ月暮らした際に見かけたのに買いそびれた三浦大根、今年は実家の地元の商店街で見かけたものの、やはり実家の台所は母の領分なので買えず仕舞い。今週末札幌の本番から東京での稽古にまた流れるので、今度は一本買って、名古屋まで担いでこようかななんて思ってます。まだあるといいな・・・。

ぴかままさん

三浦大根って店頭に出てるのが短いんです。
でもまだ1月の初めだからあるといいですね。
でもかなり重いわよ~~。

ところがその後・・・

頼んであった新潟のお米が今日届いたんですが、おまけとしてでっかい大根が・・・(苦笑)。形をみると三浦ふうだったのですが三浦は新潟では穫れませんよねえ。というわけで三浦大根は今年も逃してしまいそうです。

ぴかままさん

アハハ 立派な大根足のような大根が届いたんだ。

場所が三浦ではないので三浦大根とはいえませんが種類は同じようなのかもしれませんよ。
今シーズンは見かけませんでしたが前スーパーで三浦大根っぽいのがおいてあるときがありました。
中太大根と書かれてました。

小さめのを買ってみたのですが少し柔らかめで三浦大根とはちょっと違うのかなと思いましたがその大根もおでんにしたらおいしいのでは。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。