スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家もほっぺで~~♪

仔牛のほほ肉ビール煮
ハギスはお好きのmelocotonさんのところにおじゃましたらウシさんのほっぺの記事が。

偶然にも我が家も仔牛のほほ肉のビール煮を作ったところでした。
仔牛肉って名前は聞いたことあってもそんじょそこらの肉屋では扱ってません。近くのスーパーではなおさらです。(紀伊国屋とか明治屋にでもいけばあるかも)
ときどき読んでるDining Plusのサイトを見たら仔牛肉のセールをやってるではないですか。
仔牛肉どんな味かなボチッとしてました。これだけではもったいないので使ってみたかったフィロペストリーと小粒のグリーンピースのプチポワも注文しました。

届いた時はカチコチの冷凍になってたのですぐには使えないのでそのまま冷蔵庫で解凍。24時間以上かけて解凍します。
仔牛肉って白っぽいイメージがありましたが普通の赤い肉です。

Dining Plusに書かれてる仔牛肉の説明は
仔牛肉はヨーロッパでは伝統的な食材であり、高級レストランから家庭の食卓まで、いろんな場面で供されております。残念ながら日本では1990年以前、仔牛肉を含めた牛肉の輸入は完全に日本政府の統制下に置かれていました。特に仔牛肉は国内での絶対的需要が少ないこともあり、輸入量はごくわずか、また国産品も生産量が限られていました。この事が日本国内での仔牛肉料理の一般化を大きく妨げる原因となりました。1990年に牛肉の輸入が完全自由化になり、それに伴い、仔牛肉の消費は飛躍的に増大しました。クセがなく柔らかい仔牛肉は、高齢化・健康嗜好ともあいまって、さらに普及するでしょう。

ビール煮のレシピがあったのでビール煮を作ってみることに。
夫とビールと息子の発泡酒が冷蔵庫にあったのですが350ml。レシピには500mlとなってるのでお昼休みにビールを購入。
ほほ肉の解凍が終わったので一口大にカットするのですがこれが結構固いのです。
包丁の手入れが悪くて研いでもいないのですぱっと切れません。
それにしても固いなぁ。仔牛だから柔らかい肉と思ってたのに。
よく動かすところだから固いのはしかたないか。

ようやっと大きめの一口大に切ってじっくり煮込んでる時間は現在もてないので圧力鍋の出番。
表面を焼いてからビールを投入して圧力鍋で20分煮込みました。
その後人参とセロリ入れトマトピューレを入れるのですが買い置きが無かったのでトマトペーストを加えて再び圧力鍋で加熱。そのまま放置して翌朝見たらなんと固まってました。
ほほ肉は筋があったのでこれはコラーゲンでにこごり状態になったのです。
煮こごり状態
この写真は昨日の写真。こう見ると何の料理?という感じですね。
時々作る筋肉よりもしっかり固めの煮こごりです。
寒いのでこのまま夕方まで置いておきます。

仕事から帰ってから溶かし、味をみたら味が呆けてる。
トマトペースト足りなかったかな。
ピューレを買ってこなかったので自家製のトマトケチャップの出番。
ウスターソース、コンソメの素を加えてビール煮というよりもトマトシチューだわ。ビールの苦みが残ってるかなと思いましたが苦みは感じません。
これなら赤ワイン煮の方が良かったかな。

ジャガイモを入れた方がいいかなと思ってたら夫が帰宅してしまったのこれにて完成にします。
せめて彩りでブロッコリーを茹でて入れました。
あれだけのコラーゲンなので食べたら口の周りがべっとり感があるのかなと思ったら割とサラッとしてました。お肉は軟らかいです。

meloさんの所はほほ肉の大きな塊をそのままスロークッカーで10時間煮込んで大きなままお皿にドーンとのってました。
このお料理を見てから作れば良かったです。

仔牛のほっぺは美味しかったです。また食べたいけど取り寄せしないといけないのは困ります。
もっと普及させて肉屋さんに置いて欲しいなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

わーい。 ホッペシンクロ^^

おおお、おいしそうですね。
仔牛ってイギリスでもそんなに色んなところで見るお肉じゃないです。 高いし。 
でも大人の牛さんより色も薄く、淡白な感じで好きです。

ホッペは一日中えさをカジカジするのに使っている筋肉なので結構発達してるんでしょうね。 でも筋肉と一緒で長く煮込むと本当にホロホロプリプリでおいしいです!

TBいただいていきます♪

仔牛

仔牛肉の料理といえば私が思いつくのはヴィーナー(ウィンナ)シュニッツェル!
あれは仔牛のもも肉をうす~く叩きのめして作るんですが・・・そういえば仔牛のほほ肉のドイツ系料理というのはすぐには思いつきません。
チューリヒ風ゲシュネッツェルテス(一口大に切った子牛肉のクリーム煮)もわりと噛み切りやすい柔らかい部位を使うし・・・いずれにせよポメさんがしたようにゆっくり煮込む料理に向いているんでしょうね。
それにしても、ご紹介のサイトすごいですね。
ハモン・セラーノの原木丸ごとってのに目を剥きました。うちや楽ちゃんのイルカ料理の記事にコメントを下さったduckbillさんが原木買ったのももしかしてここかな?と(笑)。

ほっぺじゃないけれど、シンクロです!

うわ~、と思ったのは、私もダイニングプラスさんでお買い物してます^^ちょっと嬉しくてコメントしました。
私の場合はプチポワがどうしても必要?欲しくて~^^
もう、色々探して、ここしか売ってなくて♪
2.5キロの大袋(笑)
他にも買ったので、冷凍庫がすごいことになってます!
仔牛、美味しいですよね。
子供のころ、お肉が嫌いなのにレストランの仔牛のカツレツが好きでした。今度(っていつになるか分からないけど)買ってみようかな~。
いつもながら、美味しそうなお料理ですね~^^

イギリスでも仔牛はお高くていつもある部位ではないのですか。
では日本ではとうて無理ですね。
お取り寄せでもしないと口には入らないんだ。

ほっぺは煮込みでないと固くて無理ですね。
でも本当に美味しいところだから今度はスロークッカーでとろとろになるまで煮てみるわ。圧力鍋とは違うかもしれないもの。
TBありがとうございます。
うちからも送りたいけど飛ぶかしら??

ぴかままさん

ウインナーシュニッツエル美味しそう。
そうか仔牛で作るのが本場ものなのね。
ほっぺでは無理だわね。
ほほ肉はかなり筋肉質で包丁でなかなか切れないほどでびっくりでした。
今度はもも肉でシュニッツエルを食べたいわ。
ハモンセラーノの原木を買う人が商売人でなくてもいるんですね。スゴイの一言。
一度あれを薄くスライスして食べてみたいような気もしますが薄くスライスが難しいでしょうね。
以前生ハムの塊をいただいたことがありましたが生ハムを厚く切るとしょっぱくてダメでしたもの。

ばうちゃん

ばうちゃんもダイニングプラスさんでお買い物してるのね。
プチポワを2.5㎏ですか。
うちは500gを購入しました。2.5㎏だと冷凍庫に入りません。
初めて野菜を買ってみたのですがプチポワは普通のグリーンピースとは違うんですね。買ったはいいけど何して食べよう。ばうちゃんはどう使うのかしら。

仔牛はお肉の味が柔らかいので食べられたのでしょうね。
仔牛のカツレツも美味しそう。これはやはりもも肉でないとだめですね。

TB

トラバ、承認制にして、セキュリティー全部はずしたので届いてます♪

ありがとうございました♪

>圧力鍋 VS スロークッカー
こういうお料理は断然スロークッカーかお鍋でコトコトのほうがおいしいですね!

度々すみません^^;。

横からですが、

プチポワ>ウチのポッシュなムッシーピーズはいつもプチポワ使ってます。

meloちゃん

TB届きましたか。よかったです。

今度はスロークッカーかカイエさんのようにシャトルシェフでやってみますね。

プチポワ早く食べてみたいわ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

牛さんのホッペ♪

数週間前に私がパブランチで注文した牛頬の赤ワイン煮、覚えてらっしゃる方も多いと思いますが、その後すぐにスーパーで夫が見つけて、我が家の冷凍庫で冬眠していた牛さんのホッペをやっと料理してみました♪ 血が滴りそうだったので(汗)、ピチットに包んで冷蔵庫...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。