スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくカラスミが完成

からすみ完成
またまた下書きに置きっぱなしになってました。

一時、ブログ間をにぎわせていたカラスミ作成の記事。私もご多分に漏れず作ってみました。
トップの画像はやけにオンボロの画像です。こんなカラスミになってしまいました。

皆さんが作ってるとき魚卵を探したのですが探す時は見つからないんですね。探してないときは生タラコも真子も見かけたのですが。

開店間もない頃のスーパーにようやく魚卵を発見。パックには鯖とだけ書かれてます。お店の人に聞いたら鯖の卵ですって。鯖の卵?う~~ん買うべきか否か????
かなり血管が見えてるのでどうしようかと迷った末にご購入。
鯖の卵
卵と一緒に白子がパックされてます。白子なんていらないんだけどね。
鯖の白子は検索すると結構美味しいもののようなので茹でてポン酢しょうゆで。
夫は鯖の白子なんて大丈夫?といぶかしげでしたが、食べたらトロンとして美味しいと言ってました。
後で考えたら白子を生で裏ごしして白子豆腐にでもすれば良かった。

さあ鯖の卵でカラスミ出来るのかな?
みなさんのところにおじゃまして大丈夫そうなので血抜きから始めます。
パックを開けて卵をみたらかなりのボ~ロボロ状態です。

えーい このままやっちゃえ!

とりあえず竹串の先端を使っての血抜き。これが結構めんどくちゃい。
でも美味しいものを作るには労力を惜しまないこと。
唐墨になるか
なんとか血抜きもして塩をまぶして冷蔵庫で1週間お休みしていただきます。

1週間経ったら塩を洗い流して日本酒に漬け込みます。キッチンペーパーでくるんで日本酒をたっぷりそそぎ、再び冷蔵庫で1週間お休み。酒で洗う


これから乾燥に入りますがこのまま干すには崩れそうなのでピチットでしばらく包んでから天日で干します。
pititto kannsou
一日目は雨だったので室内でピチット乾燥。
翌日からは真夏の日差しなので天日で干します。
虫がくるのもいやですが干物用の網(昔買ったような気がしますが行方不明)がないのでザルに置き上になにか蓋は探したらいいものがありました。
これも一つ前の記事のランチョンマットに使ったペーパーナプキンと同様、イケアで楽子さんが見つけて送ってくれたもの。本来は揚げ物に使うと油はねを防ぐもの。
tennpibosi.jpg
でもこれいいです。網状なので陽が入るし風も通ります。それに重みもあるのでちょっとの風ではびくともしません。
楽子さん ありがとうございました。本来の使い方をしてませんね。

これをざるに被せて天日干しすること4日でこんなにカチカチ状態になりました。
それにしてもオンボロですね。完成までに19日かかりました。
皆さんのところではちゃんと重量を量ってましたがそんなことすっかり忘れてしまいました。

カラスミのプロのduckbillさんがボロボロでもすり下ろして使えば大丈夫と言って下さいました。
私もすり下ろしてしまおうかな。
今度はもっと綺麗な魚卵で作ってみるぞ。

さて鯖のカラスミどんな味なのかな?

かなりしょっぱいです。
塩が多すぎたのか塩抜きが不足だったのか?
皮が破れてるんですから塩が浸透しすぎになりますよね。
その辺を考えなかったですね。

その塩辛いすり下ろしを使ってみることに。アヤナーさんのところでみかけたクリームパスタが美味しそうだったので真似っこです。
でもかなりの手抜きをすることに。
kuri-musosu.jpg
冬から食料庫にあったこのシチューの素をつかいました。
karasumipasuta.jpg
そしてパスタはブカティーニ。ソースが濃厚なので太めのものの方が合いそうです。
上にカラスミのすり下ろしを振りかけました。

シチューが結構味が濃いのにカラスミの塩気が強いのでソースをもう少し薄めにすれば良かったです。
香りはちょっと生臭いような気がします。
全部混ぜてしまったら感じなくなりましたが。見た目からして濃厚な感じがわかるでしょ?
bukatehini.jpg
ソースが濃厚なのでブカティーニでいいのですがアルデンテだと元気過ぎて食べにくい。
ブカティーニはマカロニほどではないのですが細い穴が空いてます。このパスタもあまり見かけませんね。このブカティーニどこで見つけたのかな?

シンプルにペペロンチーノにして振りかけた方がいいのかも。
それはまた 今度やってみます。

★先週鯛の卵を見つけました。
現在塩して待機中です。鯛のカラスミはうまくできるかな。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

おお!美味しそう

おお!美味しそう。ちょい固めにみえますし、塩辛さも含め、パウダー使用にはうってつけに見えます。
ペペロンチーノタイプのパスタにパウダーで振りかけたら、危険なくらい美味しい筈です。

ところで、塩辛くなったのは多分、塩抜き期間(1週間)が長すぎたのが原因かもしれません。
私も白子のカラスミ風で、塩抜き中を忘れて10日も酒に漬けたままにしてしまったら、何だかとても塩辛いものになりました。
塩抜き期間が長いと、その分より塩が抜けそうな気がしますが、日本酒を吸い込んでユルユルに膨潤した状態で、周りの日本酒の塩分濃度と等しくなっていくので、多分一旦抜けた塩が途中からまた魚卵側に少し戻るような、動きになるように思えます。
なのでやはり塩抜きは2日位がいいかも知れません。
勿論日本酒の量が多いと、塩はその分より抜けます。

鯛卵、さらに美味しくできるといいですね♪

あーあ。
皆でカラスミ、カラスミって(爆)。
魚卵好きにはたまらないです!

最初から最後までピチットでも出来るでしょうかね?

あ、でも新鮮な魚卵が手に入らないことにはどうにもならないんだったわ^^;。

duckbillさん
カラスミの師匠に美味しそうといっていただけて感激です。

塩抜きの期間が短すぎかと思いましたが長すぎですか。
お酒の量も少なすぎでした。
鯛の方は明日で
1週間になりますからお酒たっぷりで二日ほどでやってみます。
来週になると梅雨本番になりそうです。
乾燥が大変な時になってしまいました。

meloちゃん
魚卵好きなのにごめんね、またまたカラスミの話題でした。

私もようやく魚卵を見つけたんですよ。

そのうちにボラの卵で本当のカラスミを作ってみたいわ。
イギリス海に囲まれてるから魚卵入手しやすそうだけどね~。

お二人で海に釣りにでも行くというのはダメ?

私も作りましたよ~まだ食べてないけど。
ゴマ鯖、さわら、鯛?だったかな。

なかなか干せる条件が揃わないですよね~私も重さも測らずでした・・・

フィノさ~ん

見ましたよ。ああいう網が理想ですね。
前小さいのを買ったような気がしたのですが見つからなくて上のような形をとりました。

これから雨が多くなるから困ります。
第2弾の鯛の子はちゃんと干せるのかしら?

おぉ。ポメさんもカラスミを。
今年はブレイクしますねぇ。

私もたっぷり作りましたが、来年はたらやボラも仕込んでみたいです。

カイエさん

大部遅れを取りましたが魚卵をやっと見つけました。
カイエさんはすごい量を作ってましたね。

私もボラの卵で本物のカラスミを作りたいですがボラの卵なんて見かけたことないですね。
それに家族はだれも釣りをしないしね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。