スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開国博Y150

開国博
開国博Y150が現在横浜で開催中です。
夫が休みをとって開国博に行ってみようというので行ってきました。土日は混雑してるのでイヤみたいです。

実のところ博覧会ってあまり興味がないのでどんなことをやってるのかもよくわからないでいました。
開国博が開かれてることは知っては居ましたがマスコットキャラクターが「たねまる」というのも知りませんでした。
少し前にネスカフェを買ったらこんなカップが付いてきました。
kaikou150.jpg
これが「たねまる」なんです。持ち手が150になってます。
「たねまる」は、横浜開港資料館の中庭にある「タマクスの木」の精なんだそうです。
タマスクの木ってどんな木なんでしょう。初めて聞く名前です。ダマスクローズなら知ってますが。
種から芽がでて船にのってるんです。新しい横浜へという意味なんでしょうね。

ここから下の画像はクリックすると拡大します。
レンガ倉庫
開国博は赤煉瓦倉庫の周辺で開催されてます。
この日は朝から快晴で気温は暑いですが心地よい風が吹いていてとっても気持ちがいい日でした。
赤煉瓦倉庫の前にイベント会場が開設されてます。
その手前にテーマパークのようなものが出来てます。中には大きな蜘蛛の乗り物があるようです。
ここは有料の施設なのでチケット買わないと入れません。
子供でもいれば入るのですが夫と二人ではパス。
外からその大きい蜘蛛の一部IMG_2372.jpgがチラッと見えます。どんな風に動くんでしょうか。

IMG_2375.jpg まだ準備中

赤煉瓦の前には特設会場などもあってイベントや演奏も行われるようですが10時頃でまだ準備中。
外のブースもまだ準備中です。二つ大きなブースが作られてます。一つはおみやげコーナー。もう一つはワールドマーケットです。おみやげは後にしてワールドマーケットを見ましたが興味のあるものはないです。その奥はフードコートのようになってます。もう食べてる人が結構います。かき氷を食べてる人が・・・美味しそう。冷房は入ってないので氷も食べたい。

表には小さいブースがたくさん出てます。北アフリカ料理
北アフリカ料理なんていうのもありました。ケバブと書かれてます。ここもまだ準備に追われてます。
IMG_2386.jpgIMG_2382.jpg
IMG_2387.jpgIMG_2381.jpg

海にはいろいろな船が停泊してます。大桟橋は目の前なのにぐるっと回らないと渡れないんです。
ぶらぶらして行こうと向かい側をみたら人だかりが出来てます。
何かやってるようです。
行ってみたら象の鼻パークというところでオープンの式典をやってるようです。
なんで象の鼻パークというのかはわかりません。式典も最後のようでくす玉を割って終了。なんだつまんないの。象の鼻テラスというのがあるのですが一般は12時まで入れないんですって。
だんだん日差しが強くなってきて暑いのでフードコートでかき氷を食べに戻りました。
おみやげコーナーもチラッと覗いたら「たねまる」のお菓子類の種類の多いこと。

グルメワールドレストラン
フードコートは人で一杯。ワールドフードなのでいろんな国の食べ物があります。
かき氷はと目についたのが韓国のパッピンス。さっき見たのは宇治金時のようだったのですがかなり前に韓国の民族村で食べたかき氷がいろんなものがのってて美味しかったのでパッピンスを食べてみることに。お皿でなく大きめのカップにかき氷、小豆、さらにかき氷そしてまた小豆をドッといれ白玉、寒天、フルーツ、最後に練乳をかけて完成。すごいボリューム。パッピンス

夫は生ビール。他の人の食べ物を見ると美味しそう。ここでお昼食べてしまう?と聞いたらイヤだという。
夫はこういうところで食べるの好まないんです。
パッピンスは全部混ぜ混ぜしたらかさが減ってしまいました。思ったよりもあっさりとして美味しい。
民族村のはもっといろんなフルーツがたくさんのってたんですけどね。ここのはこれで500円は高いと思うんだけど。本場では(もう10年以上も前だけど)2、300円くらいだったと思う。ああ民族村のをもう一度食べたい。

鳥のシャボン
中の広場に出たら音楽が始まっててその周りにふわふわ浮いてるものが・・・シャボン玉のようだけどよく見たら鳥の格好してます。どうなってるのかと見たら大きな黒い箱があってそこから出てきます。
青空に浮かんでると白い鳩のようです。

みなとみらい方面に歩いてたらベディグリーチャムのこんな車ペディグリーの車
がいて無料でフードを配ってます。
ハンナの年齢を言うと4袋くれました。夫にももらってもらってハンナのおみやげにちょうどいいです。
1袋150gなので8袋だと1.2㎏もあります。ペットフード欲張ってしまったかな。

途中でスゴイ行列が出来てます。なんでも船内をみることができるのだそうですが事前予約をしないといけないようです。
予約しないでみられないんですかとスタッフのお姉さんに聞いたら、そちらの船はだめだけどすぐそこに停泊してるメキシコの帆船には入れると。ではそちらをと思ったら向かいに停泊してる護衛艦は12時までしか見られないので先にそちらを見てきた方がいいと教えてくれました。
護衛官しらゆき
護衛艦「しらゆき」はグレーで昔父親がよくプラモデルで船を造ってましたがそのものです。
でもいつもなら海上保安庁で入れるところではないので見てきましょう。
氷川丸とか三笠のように観光用に停泊してる船でなく実際に動いてる船です。こういう船の中を見られるなんて滅多にないこと。
操舵室は下にあるので階段を下りるのですが90度くらいの急勾配でこわごわ降りましたが乗組員さんがあちこちにいて手を差し出してくれました。
操舵室はこんな計器類が壁一杯。護衛鑑の操舵室砲台 ミサイル台

甲板には大きな砲台、ミサイル台、魚雷などがあります。この船に150人もの乗組員がいるのだそうです。

メキシコの帆船クワウテモック IMG_2422.jpg
向かいに停泊してる優雅な帆船「クワウテモック」からはメキシコの陽気な音楽が流れてきます。
こちらは17時まで入れます。無機質な護衛艦と違ってこちらはIMG_2416.jpg
優雅でつややかな木製です。通路も広々してます。
乗組員さんはどちらの船も正装は白い制服ですがこちらにはマリンルックの船員さん船員さん
があちこちにいます。ちょうどお昼時で厨房のようなところも見えました。カメラを向けたらソーセージをカットしながらこちらを向いてくれました。厨房今日のランチはなんですか。
こちらの乗組員さんは230名ですって。あの厨房で230人もの食事をつくるんでしょうか?
メキシコからこの開国博のために来たそうです。メキシコの帆船が横浜に来るのは初めてとか。
IMG_2415.jpg  IMG_2420.jpg
帆を張るのは今も人の手なんですね。あのてっぺんまで登っていくんですから大変です。

出たらお腹が空いて来たのでお昼に。
新井屋入り口
夫が前もって調べてきた荒井屋さんという牛鍋屋さんに入りました。私は地下鉄でたところにあったフライパンを一杯吊したお店に入ってみたかったのですが。フライパンが・・

横浜の牛鍋屋さんというと野毛の太田縄のれんが有名ですがここもかなり古いお店のようです。本店だと文明開化を味わえたのかもここは地下鉄の馬車道のそばで2年前開店の支店です。
ここで牛鍋定食を食べました。
牛鍋定食
こんなんです。まあすき焼きですよね。甘辛味が美味しかったです。

お腹一杯で腹ごなしに大桟橋まで行くというのでまたしばらく歩きます。カヌーの行列
万国橋からはカヌーの行列が・・・こんなにたくさんのカヌーが一列に並んでなんなのでしょうね。
カヌーの体験教室でもあるのかな?

案内パンフレットに大桟橋会場には船がたくさんおいてあると書いてあったのに行ったら何もないです。
案内をよく見たら5月26日まででした。
この日は夜は花火が上がるのですが夜まで居るわけにはいきません。
久しぶりによく歩いたので足が痛いのでもう帰りましょう。
地下鉄みなとみらい線ができたので桟橋近くの日本大通り駅で乗れますが以前だったら関内まで歩かないと行けないのでずいぶん楽になりました。

開国博は9月28日までやってます。
メキシコの帆船と護衛艦は明日の金曜日までしかいませんがこの後もいろんな船が入ってくるようですよ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。