スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリッパと豆の煮込み

トリッパとインゲンの煮込み
先日のビストロツチヤでのオフ会でアヤナーさんが前菜としてトリッパと白インゲンの煮込みを選びました。
トリッパとインゲン豆の煮物
写真はこれです。上になにかかかってますね。店内の明かりが暗かったので色がはっきりしません。
それにしても一人前としては量が多いですね。
トリッパは名前は聞いたことあるものの食べたことが無かったので少し取り分けていただいて食してみました。
思ったよりずっと美味しいではないですか。
トリッパは牛の第2胃袋で内臓料理なので臭みがあるのかと思ったらとても食べやすいものでした。
近くのスーパーには置いてないしわざわざ取り寄せるのも・・・・面倒だなと思ってました。
区役所の前のショッピングセンターの肉屋さんの冷凍ボックスを覗いて牛タンを手に取りましたがそばにハチノスという白いものがありました。
ハチノスってたしかトリッパだよね???
お店のお兄ちゃんに「これトリッパよね」と聞いたら「????」
トリッパなんて初めて聞いたようです。アルバイトさんのようで奥で聞いてきますと中へ聞きに行ってくれましたが誰もトリッパなんて知らないという返事。
肉屋さんなんだからもう少し勉強してよね(内心ブツブツ)。でもハチノス=トリッパのはず。
牛タンのブロックが結構お高かったのでハチノスに変更。牛タンシチューはまたの機会に。
違うとやっかいなので一番小さいものをチョイス。それでも480gありました。

帰ってから検索するとハチノス=トリッパのようで一安心。
さあこのハチノスどうやって料理するのか?
検索するといろいろあります。でもこの間の白インゲンとの煮込みが食べたいです。
そう思って輸入食品店でホワイトビーンズ(これって白インゲンのこと?)の缶詰も買ってきちゃいました。本当は乾燥の白インゲンを茹でてから使うともっと美味しいのでしょうが戻して茹でるのも面倒でした。
煮込んじゃうから缶詰で手抜きでも多分大丈夫よ。

レシピの多くはイタリア料理でトマト煮です。
冷凍のトリッパ
まず解凍してから綺麗に水洗いしたらこんな感じです。写真でみたハチノス模様がはっきりしません。
トリッパ
圧力鍋で40分ほど茹でたらハチノス模様がはっきり浮き上がってきました。不思議で不気味だけどきれい!
なるほどハチノスと言われる由縁ですね。
内臓独特の匂いはあまりしませんが触感はあまり気持ちよくないです。
これを短冊に食べやすくカットしてニンニク、タマネギ、セロリ、人参のみじん切りを炒めハチノス、ホールトマト、白ワイン、ブイヨンキューブ、ローリエを入れて再び圧力鍋で煮て豆を入れて蓋を取ってさらに煮込みました。缶詰のホワイトビーンズを食べてみたらかなり塩味が効いてます。やはり乾燥豆を使った方が美味しいに決まってますね。(プチ後悔)
ホールトマト
ホールトマトはブログ友のduckbillさんからいただいたものを使いました。

作った日は違うメニューを決めてあったので翌日まで持ち越し。
食べてみるまではどんなかなとドキドキ。
ハンナには茹でただけのものを少しとりわけてあげたら初めはなんだろうという顔をしてましたがぺろっと完食。またまた新しい肉の味を覚えてしまいました。

翌日ゆっくり温め直して登場です。トリッパはご飯には合いそうにないので急遽パンに変更。
パンを焼くまで時間はないので冷凍庫に眠ってたコストコのディナーロールを出してきました。
赤ワインとサラダでおしゃれなディナーに。おそるおそる口に運びました。
美味しい~~ 成功!
夫にはモツ煮込みのようなものと言っておいたのでイメージが違った見たい。
いわゆるモツ煮込みとは全く違います。いきなりこれを出すのもどうかなと絹厚揚げを焼いたものをまずは食べさせました。夫と息子がダメな時を考えてラウンドステーキとほっけの干物を冷蔵庫に待機させてました。

肉屋でトリッパが解らなかったと話したらトリッパなんて初めて聞くし知ってる人の方が少ないだろうと言われてしまいました。
イタリアモツ煮込みはまあまあ大丈夫のようでした。
ハチノスは和風のモツ煮込みのような味付けはならないのだろうかと再び検索したら味噌煮込みがありました。
今度はこの味付けでやってみようと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

トロトロに煮えて美味しそう♪
かなり前に一度だけ作ったことがありますが、こちらで売ってるのは結構臭みがあったかも?下処理して、じっくり煮たら出来上がりは美味しかったですが。日本のは臭み抜きの処理がちゃんとされてるんでしょうね。

トリッパ、内臓系はちょっと苦手なので、イタリアで食べて以来です(たぶん)。

こっちで買うハチノス、結構臭みがあるようで、下処理が大変らしいです。(あっ、salahiさんがもう同じコメントされてますね^^;)。

トリッパって日本のお肉屋さんに言ってもわかんないでしょうねー(爆)。

イギリスのお肉屋さんにカルビありますか、って言うようなもんですよー^^。

きゃ-、最高物のトリッパを自作しちゃうなんてさすがポメマルさん,この間のオフ会で初めて召し上がってもう自分で作っちゃうんだから凄い。私は大好きなんですが下処理が大変だっていうから、まだ一度も作ったこないんです。でも日本にいる間に挑戦してみようかな?
ああ食べたくなっちゃいました。

初めて知りました!!! 写真で見て本当にハチノスかと思ったら内臓だったのですね^_^; 確かに肉屋さんでハチノスは取り扱いませんよね…。勉強になりました、ありがとうです(_ _)

きゃーーっ今すぐにでもポメ家に行って食べたいくらいおいしそう!!
なんだか暑くて煮込み系の調理が出来ません…。(^^ゞ
それにしてもハチノスってこんなにきれいなんですね~。
これはよーく処理してくれてあるものだからなのかな。
近くにこういったものを置いてあるお肉屋さんがあるって言うのが素晴らしい~。
だけど、ハチノス=トリッパを知らないと言うのが意外だったわ~。

トリッパ美味しそう!

ホールトマトの写真ありがとうございます。
トリッパ美味しそうだから、私もトライしてみようかなぁ、勿論イタリアレシピで(^^)
うちは内臓系、全員好きだし、何時も行く、府中の卸売り市場で、ハチノス売ってます。

salahiさん
内蔵だから臭みはあると思ったらそんなに臭くないのでアラ?と思ったのですが日本のハチノスは処理されてるのかもしれませんね。
salahiさんのはきっと美味しいトリッパだったでしょう。
トロトロに煮込むと本当においしいです。
また挑戦して下さい。

meloちゃん
本場イタリアのトリッパは美味しかったでしょう。
内蔵系ダメでしたっけ。トリッパは内蔵でも食べやすいと思いますよ。
やはり日本ではトリッパといってもわからないですか。
カルビはどこの国まで通じるのかしら?
韓国と日本だけ?

アヤナーさん
オフ会以来トリッパが気になってました。
ツチヤさんの写真をみるとオーブンで焼いたのかしら?
あれ一人前はたっぷりでしたね。
ヨーロッパのお二方は匂い抜きの下処理が大変とのことですが日本のはそんなでもなさそうなので日本滞在中に是非作ってみて下さい。

croccoさん
茹で上がったものは本当にハチノスみたいですよね。
意外と食べやすいものですよ。
もし見かけたら挑戦して見て下さい。

楽ちゃん
是非お届けしたいです(笑)
梅雨開けしたからこれからは暑くて煮込みなんてやってられないかも。
これ作った時はまだそんなに暑くなかったもの。
関西ならこういうものも普通においてあるのではない?大阪には鶴橋とかいう焼き肉の専門の町があるんでしょう?
肉屋のくせにだれもトリッパという名前を知らないというのが変よね。もう少し勉強すべきよね。
そういえば水菜も一昔前は関東ではめずらしいもので八百屋さんに水菜を聞いたら知らないと言われたわ。壬生菜と京菜ならあるって。説明しても見たことないって。
今ではどこの八百屋でも置いてあるけどね。

duckbillさん
ホールトマト使わせていただきました。
内臓お好きなら是非トリッパ作って見て下さい。
美味しいですよ。
府中の卸売り市場が気になりますね。
実は夫の実家が国分寺なんですよ。

トリッパ

トリッパ、作るのに手間はかかりますが、とても美味しいですね。
作っても全く売れない時期が長かったですが、最近は漸く売り切れる様になりました。
トマト煮やバジリコ和えをいつも出していますが、
下茹でして柔らかくなったトリッパを大きめに切って、フライパンに押し付けて焼くのも美味しいですよ。
一口に切った場合は、少し多めの油で気長に炒めれば、ゼラチン質がキャラメリゼされて、
塩とコショウとビネガー少しだけで、随分と美味しいです。その場合、仕上げにザル等で油を濾した方が良いです。
味噌煮込みも美味しいですね。昔まかないで作った事があります。ネギを仕上げに一杯掛けて食べると一層美味しいです。

かずさん
いらしてくださってありがとうございます。
トリッパもだんだん普及してきてるんですね。
そのシンプルに焼いただけのものも美味しそうですね。
注文しなかったのですが昨日入った中華料理店のメニューにハチノス炒めというのがありました。
和、洋、中といろんなものに使えるようですね。
またトリッパを探してきます。

トリッパ煮込み、私もやってみたのでTBさせていただきました♪

duckbillさん

わ~~い トリッパ作られたんですね。
早速おじゃましに行きます。
TBありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トリッパの煮込み

冷凍トリッパ(牛のハチノス:牛の第二胃袋の俗称)を使ってトリッパの煮込みを作りました。 この冷凍トリッパ(下写真)は、ブログでお友達...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。