FC2ブログ

素晴らしき天体ショー

ダイヤモンド日食
みなさんもご覧になったと思いますが皆既日食は素晴らしい天体ショーでした。
すっかり見入ってしまいました。

46年ぶりというのでおそらく見たことがあるのでしょうが記憶にあまりないです。
闇夜の記憶はないのですが下敷きで太陽を見た記憶はかすかにあるのであれが日食だったのかもしれません。
本当は奄美まで行きたかったです。

今日の横浜は朝から土砂降りになりました。
梅雨が明けたというのにまるで梅雨に逆戻りです。
山口県では土石流で被害者まででてしまいました。ご冥福をお祈りします。

朝の天気予報では夜になって雨とか言ってたのですがそのときに既に降り始めてました。
土砂降りは2時間くらい続いたでしょうか?雨が止んで一時は晴れ間もみえたのですが再びどんより曇り空になってしまいました。
10時過ぎには道路も乾いてきたのでハンナの散歩に出て帰って来てTVをつけたら画面はまるで夜の
ような上海の様子を映し出してました。
上海も雨のようでした。アナウンサーがしゃべってるうちに外の風景は変化してビルが見えてきました。
本当に真っ暗闇になってしまうんですね。自然の力に圧倒されます。

あちこちのチャンネルを回してみると各局で中継場所が違うんですね。
屋久島、悪石島、小宝島、奄美大島etc
こうなるといろんな所のをみないとね。
奄美からの生中継でも時間が近づき真っ暗闇になってしまいました。昔の人はさぞ恐怖だったことでしょう。
後で知りましたが場所によっては太陽が見えたんですね。
おもしろい実験もやっててスズムシが夜になったと間違えて鳴いてました。

NHKでは硫黄島と太平洋上からの中継をやってました。
硫黄島は観光客が入れるところでないので誰もいないところにアナウンサーが一人(取材班も)。
皆既日食
硫黄島はいい天気で皆既日食がはっきりみえました。
こんな素晴らしい場面に遭遇したアナウンサーはなんと運がいいのでしょう。
思わずTVの画面を撮ってしまいました。
うちのTVはまだアナログなのできれいに撮れないのかもしれません。地デジならもう少しきれいな画面が映し出すことができたのかも。
高感度カメラでとらえた日食はコロナがくっきりきれいで周りに赤い炎のプロミエンスがメラメラと見えました。
ここでのダイヤモンドリングはすぐ終わってしまったのですが同時刻に太平洋上の船上からの日食は録画で映し出されました。
何度みても素晴らしいの一言。下の方に金星、オリオン座もみえるというなんとも不思議です。
ここからのダイヤモンドリングはきれいに映し出されてました。
船上から
そしてその間天は暗いのに船からみて地平線はなんとオレンジ色のグラデーションでなんとも言えないです。洋上なので遮る物がなく360度オレンジ色の輪だったようです。画面に映し出されてる人たちはシルエットになってます。

この船の船長さんは少しでも見えるところを探して船を動かしていたそうですから大変だったことでしょう。
そのお陰で乗船客は素晴らしい体験をすることが出来たのでしょう。

次に日本で見られるのは26年後。
私はもう無理だと思うので諦めますが若い方はきっと実際の日食をみたいと思うでしょう。

なんと部分日食は東京でも見られたとか。
曇ってるので無理かなとTVにかじりついてて外は見ませんでした。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)