スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だだちゃ豆第一弾

えだまめ
今日は晴れて暑くなりましたが、北からの風が吹いて爽やかです。
朝の爽やかさは北海道か高原にいるような感じでした。
毎日こんなだといいんだけど。

東海、近畿地方も梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番です。
南の海に台風8号が発生したとのこと。
せっかく晴れたのにまた天気は下り坂になるようです。
今年は天候不順で日照不足で野菜の生育に影響してるようです。野菜が値上がりするのは本当に困ります。


鶴岡に住んでる叔母からだだちゃ豆が届きました。
今年は遅いかな?
鶴岡のだだちゃ豆は枝豆のブランド品です。
スーパーで買うのならきっと買わないでしょう。
この季節叔母が豆農家に手伝いに行ってるのでお陰様で落ちこぼれ豆にありつけます。

第一弾は“かんろ”という種類です。
機械選別でなくおばが選別した落ちこぼれのお豆さん。
表面はあまりきれいでないですが鞘はしっかりと膨らんでます。

機械選別というのだとちょっとでもいいのはOKになってしまうみたいです。
だだちゃのお菓子など加工品が多く作られてるのでそちらに回るそうです。

すぐ茹でてみました。
だだちゃ豆は茹でてる時に芳しい香りがするのも特徴でしょうか。
他の豆だとこういう香りはしません。

茹で方の方法を忘れてしまったので普通に茹でてみました。
うぶ毛をこすり落とし、塩で揉んで熱湯に入れ確か蓋をしたよねと蓋をしてしばし。
何分だったっけ?昨年のことなのに忘れてます。適当に食べてみての判断。
だだちゃの香りが充満してます。
この香り初めての時は何だろうと思ったほど。
茹でただだちゃ
茹で上がりに塩をして完成。
やっぱり美味しい。

順番が逆になりましたが茹で方をFAXしてもらいました。
覚え書きで書いておきます。参考にして下さい。
○鍋の中を水で濡らし、よく洗った枝豆を一束分(500~600g)を入れる。
○表面を平らにして水カップ1(200cc)と塩小さじ1入れて蓋を閉め強火にかける。
○タイマーを5分にセットして、時間がきたらざっと混ぜる。
○さらに1~2分火にかけ、一つ食べてみて好みの堅さまで茹でる。
○火を止めザルにあげて冷ます。

塩を入れず茹でてから熱いうちに塩をふってもいいそうです。

これから何度かに渡ってだだちゃ豆が届きます。お盆のころが本命の“白山(しらやま)だだちゃ”という鶴岡でしか取れない本命のだだちゃ豆になります。
確かに白山は美味しいけど私は最初にくるこの“かんろ”も好きです。
去年はしょっちゅう送ってくれたので最後はもう要らないというほどでした。
今年はどうでしょう。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。だだ茶豆は本当に枝豆のなかでは別格ですよね。今までたっぷりのお湯で茹でていたので、今度はポメマルさん式でやってみます。

Meguさん こんにちは

検索してもこういうやり方は見かけないのですが地元のやり方のようですので試して見て下さい。
水は少ない方が栄養分は逃げて行くのが少ないと思います。

ポメマルさん
枝豆 美味しいですね
大好きです


コメント有り難うございます

トリッパ 美味しいですね

下の方 ポチッと応援させて頂きました

ryujiさん
いらしてくださってありがとうございます。

枝豆の中でもだだちゃ豆は味が濃いですね。
トリッパは見た目と違うものでした。
はまりそうですよ。
かずさんのパスタにしたものも美味しそうですよね。

品種の違うだだ茶豆が何度も届くなんて、贅沢~♪
勝手にあの香ばしい香りを想像しちゃってます。青菜もそうだけれど、枝豆も少ない水で蒸し煮した方が、甘みが出ておいしいんですよね~。私もイタリア料理の先生に習って、それから見習うようになりました。
鞘が黒く焦げるくらいまで網焼きするのもまたちがったおいしさですよ~。
機会があればぜひお試しくださいね~!!

Mekabuさん
この豆は“早生かんろ”だったらしいです。今日から“かんろ”という品種になるんですって。早とちりでした。
蒸し煮にした方が甘味もあるし、栄養素もうしないませんね。
空豆じゃ網焼きしますが枝豆の網焼きはやったこと無かったです。
今夜でも早速試してみますね。
もっと甘さがありそうですね。

ポメマルさん
コメント有り難うございます

今後もよろしくお願いいたします

ブランド枝豆

美味しいだだちゃ豆、ありがとうございました。
だだちゃ豆の名前は、特別に美味しい枝豆として有名ですが、鶴岡市のみのブランド枝豆だったことは、初めて知りました。
他の土地では風味が落ちてこの味が出ないなんて、まさに日本版D.O.P.な貴重な食材なんですね。

duckbillさん
こんばんは。

そうなんですよ。
だだちゃ豆という名前は鶴岡でとれたものにしかつけられないとTVでやってました。
同じようなものは茶豆とか違うネーミングです。
叔母のお陰でそのおこぼれにありつけてます。

ryujiさん
コメントの順番がちがってしまいました。

ryujiさんのブログにリンクさせて下さいね。
いつも綺麗なお花の写真とめずらしいイタリア料理や素材を楽しませていただいてます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。