スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画期的と飛びついたが・・・

新商品
今までにない画期的な容器に入ったお醤油の開発で紹介されてました。
CMでもすでに登場してるヤマサの新容器のお醤油がスーパーにあったので買ってきました。
袋に『鮮度の一滴』と書かれてます。
ヤマサの人の話ではお醤油は空気に触れるとどんどん酸化して色が濃くなってしまうのだそう。
新しい容器は容器に移し替えないで使うものでお醤油が空気にふれないので作ったまま最後新鮮な状態で使えるとのこと。

新容器
パウチ袋だけではしっかりたたないので専用ホルダーがついてます。
今改めてみると新発売記念限定なんですね。ということは後々は購入するということかな。

常温で70日間持つと書かれてます。これは画期的なことです。
他の容器に詰め替えずに食卓に出したまま使えるとのこと。
1  2
袋が二重で外を鋏でなく手で切ります。      中の注ぎ口を切ります。
片手でホルダーを持ったら結構重い。そのまま傾けたらお醤油が飛び出して来ます。
3
小皿を置いてたのですが・・・
はみ出し
的がはずれてお皿の外にでてしまいました。

注ぎ口が切れてしまってるので何かで容器を倒したらお醤油がでてしまいます。袋に横倒し禁止とありました。
注ぐにもコツがいるみたいです。
少し傾けるとすぐお醤油がでてくるのでどこにめがけて注がれるのかを考えておかないとテーブルを汚してしまいます。この時とその後食事の時に注いだらお皿の外に飛び出してランチョンマットを汚してしまいました。

それにこのままテーブルにおいておくにはおしゃれでないです。ずっと新鮮というのならつけ醤油とかかけ醤油に使いたいものです。

キッチンでは?強く持つのも禁止で調理中だと片手でギュッということもありですね。
もう少し考える余地あり商品と思いましたがお使いになった皆さんはいかがでしょう。


ミンサー
ミンサーは画期的な商品ではないのですが。
margoさんが今まで使ってた手動のミンサーが壊れて電動のミンサーに買い換えられました。手動のミンサーは玩具に毛の生えたもののようだったようです。
手動のミンサーって結構お安いんですね。その安さにつられてついポチッとしてしまいました。
これは貝印のミンサーです。
部品が全部外せて洗えるというのはいいと思ったのです。
ミンサー
届いたのはこれです。ミンサーというとお肉屋さんに昔あった金属のものしかうかびませんが白くて可愛い。
早速豚肉のスライスがあったので挽いてみたのですが最初出てきたと思ったらすぐ詰まって出てきません。セッティングが悪いのかな?
刃のところに脂身と筋がついて取り除きにくいほど。
全部外してもう一度つけ直し。
再びやってみましたが同じこと。では赤身ならいいのかなとロースの赤身だけを入れたら少しでてきました。
こんな状態では肉が悪くなりそう。そして夕飯の支度ができなくなる。
仕方なくフープロで挽肉にしました。洗い物がふえただけ。
結局この日は何を作ったんだっただろう?

肉でなく魚ならいいのかなと別の日に海老を挽いてみました。
海老はちゃんと挽くことができました。
海老をミンサーにかけて
肉は種類を選ばないとだめなのかもしれません。そうなると何でも自家挽肉というわけにはいかないですね。
すり下ろし蓮根と海老とシシトウのおとし焼き
海老を挽いたものと海老のぶつ切り、蓮根のすり下ろしとシシトウの刻んだものを合わせておとし焼きをつくりました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

催眠術は……

切れかけ、でしょうか。申し訳ないです。

エビはきれいに挽けていますね。やはり筋の多さが問題なのでしょうか。
電動も豚バラは苦労していました。次回はちょっと凍らせてから挽いてみようかと思っています。

醤油のポリパックは洗剤の詰め替え容器のようですね。初めて見ました。
洗剤の詰め替えによく失敗するので、これは見つけても買えないかもしれません……

margoさん

気にしないで下さ~~い。これ自体はとっても可愛いですよ。
魚類はうまく挽けそうです。
電動でも脂が多いのは挽きにくいのならこの単純なものなら仕方ないですよ。
凍らせると脂が固まってるので挽きやすいのかもしれませんね。
私もやってみます。
この機種は台には強い力で吸い付きますから動かなくていいですよ。

洗剤の詰め替え容器  そうですそうです。
あのフニャっとした感じです。
あれを食卓に置くのはいかにも手抜きという感じですよね。

午後から台風の影響が強くなりそうで今日は家に缶詰になりそう。

ポメさんらしい!

「飛びついた」って言うのがいかにもポメさんらいしわ~と思わず微笑んでしまいました。(*^_^*)
新しいものに対するアンテナ、いつも高いですよね~。
このお醤油の容器、確かに画期的だけど、私もmargoさんと同じく洗剤の詰め替えするときに垂れないか結構緊張するので駄目だわ…。
それと同じパッケージでももう少しおしゃれにするとか、小さめのパッケージにすると良いですよね。
海老のすり身の入った落とし焼き、すごーく美味しそうです!!

楽ちゃん

新製品が特に好きというわけではないんだけど。
最後まで新鮮な風味で使えるとのことだったのでカゴにポイでした。
このままテーブル醤油にするにはもう少し小さくておしゃれな柄でもあれば使えるかも。
ミンサーで海老ちゃんはきれいにミンチ(は変かな)になりました。これで蓮根もなんて思ったけど無理だよね。おろし金でゴリゴリしましたよ。
蓮根買ってすぐに使わなかったのでもっちり感が少なくなくなってしまいました。

鮮度の一滴

この醤油、うちでも話題になっていて、長男が「いいアイディアだ」と褒めちぎっていて、私も成る程酸化防止になっていいかもって思ってました。
言われてみると、確かにテーブルに置くには格好悪いし、安定は悪そうだし、テーブル醤油として使うなら、まだまだひと工夫要りそうですね。
「鮮度の一滴」なんて名付けは、結構気合が入っていいのだけれど、この手の商品は事前に家庭モニターをしっかりやらないと、いいアイディアでも独りよがりになりそうです。

duckbillさん

最後の一滴まで常温で酸化しないで使えるというのはとってもいいアイデアです。
このままテーブルにドンと置いておくのはいただけません。最後の一滴なんて文字もよけいです。ホルダーももう少し上のほうまで覆うようになってれば横倒しもしないでしょうし今はキャンペーンでついてるみたいですが
そのうち別売りになるとどうなんでしょう。
せっかく新鮮で使えるのにキッチンに置かれてます。
ほんとうに世の中に出す前にもう少し主婦モニターをやってからにして欲しいです。
これは半年前に買った冷蔵庫にも大声で言えることですv-412

私も・・

お醤油じゃなくてこのミンサー、同じものを持っています。これで大豆を挽いて味噌づくりをしていますよ。でも、気が遠くなるほどぐるぐるぐるぐる・・・・。^^

kuisinbouさん

kuisinbouさんの記事を遡って見てたらこれ発見したのよ。
「あ!同じミンサーだ」と
茹で大豆をミンサーでは今度真似してみようと思ってました。
気が遠くなるほどグルグルなのね。(笑)
そうですよね。入る量がすくないものね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。