fc2ブログ

ハンナとバイクツーリング 秋の鎌倉編

バイクツーリングに
日曜日は寒い日でしたが連休最後の月曜日は朝からきれいな碧空がひろがりました。
気温も暖かく家にこもってるにはもったいない。
こんな天気だとどこかに行きたくなります。
でも洗濯物は溜まってるしハンナの散歩には行かなければで相変わらずグズグズ。
大根を干したので柚子をまいて再び干したり、干し柿やることは山のよう。
朝のはなまるマーケットで鎌倉をやってました。
まだ紅葉の見頃には少し早そうですが瑞泉寺や鎌倉宮も久しく行ってないな~と見ていました。
散歩から帰って来たら夫も見ていたらしく鎌倉に行こうかと
昨日ハンナを留守番させて出かけたので置いていくのは可哀相。
この時間から車で行くには混雑しそうだし・・・バイクで行くか・・・と
ひぇえ~、バイクで  鎌倉までハンナをのせて行くにはちょっと遠いよ。
天気がいいから思い切って行ってみることに。今年最後のハンナとのバイクツーリングかもしれません。
現在の場所に越す前は鎌倉市内で鎌倉まで出やすかったのですがここからだと鎌倉霊園の山越えがあります。ヘアピンカーブまではいかないですが結構曲線の道が続きます。ワンコを前籠に入れて山越えをする人はあまりいないでしょうね。
山越え道でも車は結構スピードを出していくのでちょっと怖いです。特に鎌倉市内の道は狭いんです。
鎌倉宮、瑞泉寺は駅まで行かず家からは近い所にあります。
途中から入る近道があります。
先に瑞泉寺に行きました。
入場券売り場のおじさんに「ペットはまずいよ」と言われてしましました。
「小型犬だから抱いては?」と聞いたら「ずっと抱いてられる?」「はい。」
「バッグにでも入れられるといいんだけど」というのでバイクのカゴに敷いてた買い物バッグにハンナを入れて抱っこで入ってきました。

歩きたいと吠えるかなと思いましたが一度も吠えることもなく抱かれていい子でした。行き交う人に可愛いねと言われて本当はひっくりかえりたかったでしょう。
瑞泉寺はよく冬の頃水仙と梅を見にきてましたが今頃の紅葉の時期はあまり来たことないです。
山門からすぐに黄色く色づいた木が見え山門が額縁のようです。
我が家の水仙はさいてしまってますが水仙はまだまだのようです。
秋桜がチラホラと咲いてました。
裏の庭園は岩を掘ったという庭園です。ここのモミジはまだまだ緑が濃いです。

瑞泉寺の庭園

次に鎌倉宮へ。ここはハンナも歩かせることができます。

昔はこの宮の一角に鹿が飼われてましたがとうに居なくなったようです。檻もなくなってました。
はなまるでここの鳥居が赤白の鳥居と紹介してましたが今更ながらよくみたら本当に赤と白でした。
昔からこうだったのかしら?鳥居なんて気にもしてなかったので気づきませんでした。
厄割石 石
厄除けの石割り岩というものがありました。これも昔は無かったと思います。
厄除けに皿に息を吹きかけて隣の石に楽焼きの皿を投げて割ります。
15日は過ぎてましたが七五三のお参りのお子さんがチラホラと。
お天気に恵まれて良かったです。
これは鎌倉宮のお守りの獅子頭です。お守り


さ~てここからどこに行こうかと思ったらハンナが好き勝手に引っ張って覚恩寺の方角へ行きます。覚恩寺にいってもペットはお断りに決まってます。
お散歩で好きなところまで歩かせましょう。
覚恩寺までの道は細くて車の通りはあまりないので散歩にはいいです。
途中でお蕎麦やさんが出来てました。新そばに惹かれますがペットお断りです。
さらに行くと帰ってくる人がパンをいれた袋を持ってます。こんな奥にパン屋ができたのかな?

しばらく行くとガレージセールの広告がありパンを売ってます。野菜、犬の写真、不要品がでてます。
その中にハンナがどんどん入っていきます。
犬を抱いたおばさんがハンナをかまってくれて満足気。
可愛いね。写真撮らせてねとカメラを向けたらなんとお座りして首をかしげてポーズを取ってます。
なんて可愛いくておりこうさんと褒められてしましました。
ポーズを取るなんてあまりないのにね。
パンとフェイジョワ、銀杏をいただき奥の不要品のコーナー(でも新品コーナーでした)にショートブーツを発見。
ブーツ
とっても軽いブーツです。eccoの製品で23㎝。私は普通は22.5㎝なのですがブーツは多少大きめでも大丈夫なのでいただくことに。
思わぬところで変な買いをしてしまった。
覚恩寺まで行かずにUターン。

八幡宮まで行こうか?八幡宮に駐輪場ってあったっけ?
裏の道でどこかに止めればいいかと思ったのに裏道は休日は日中は通行禁止になってます。
八幡宮の裏ギリギリの脇道から入り裏門に警備員がいたのでバイク止めてもいいかと聞いたらOKだって。

八幡宮は七五三で着飾ったお子さんがあちこちに。
小さい子の着物姿って可愛いですね。三歳と五歳の兄妹が可愛かったのでカメラを向けてしまいました。
天然記念物の大銀杏はまだ黄色くなってません。今年は遅いのでしょうか?12月になってしまいそうです。
本殿にはお正月にあがるので行きません。
池の畔の休憩所で味噌おでんと抹茶アイスを食べました。
ハンナはアイスをもらえるとじっと見てます。
抹茶アイスおいちい
最後の方をコーンごとあげたら夢中で食べてました。
休憩所の前の屋根の上には白い鴎たちがお行儀よく並んでます。
「ハンナちゃん」と呼ばれこんなとこでどなたと見たら鎌倉宮で七五三のお子さんと一緒にいた小さいはなちゃんの姿がありました。
お名前が同じ様ねと話したので覚えてくれてたのです。

道路が帰りの車で混雑しないうちに帰った方がよさそうなのでお散歩は終了。
バイクだったので2時間ちょっとで3箇所回ってきました。

瑞泉寺に行く道の途中で出店があって焼き芋を売ってたのですがバイクを止めるまでしなかったので買えずでした。
夕方の散歩で公園までいったら焼き芋屋さんの車が止まってました。散歩なのでお金はもってないので残念ねと思ってたら焼き芋屋のお兄さんが「ワンちゃん焼き芋食べる?」と聞いてきました。
「サツマイモは好きよ」と答えたらワンちゃんにあげるからと焼き芋を袋にいれてくれました。1本と思ったらなんと2本も。
少しさめてしまったからだそうです。あくまでもワンちゃん用だよと言われさらに1本入れてくれるのでそんなに食べられないわよ。私が食べちゃいそう。と言ったらお兄さんはこの中でこの芋は人間用でいいよと。結局3本もただでもらってきてしまいました。焼き芋って高いですよね。
IMG_4918.jpg
ハンナの夕ご飯は焼き芋入りでした。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

素敵なツーリングでしたね。

秋の鎌倉の雰囲気伝わってきます。
ハンナちゃんは小さいから前籠へ乗れるのですね。
うちのランは前籠無理と思います。(体重7キロ)
真っ白なハンナちゃんが黒の水玉のドレスを着てる姿はホントに可愛らしいv-238行く先々で人気者ですね。


焼き芋の断面がすっごく美味しそうで。。。
ランは毎日「柿、柿、柿」と大騒ぎしてますが
そう言えば あの子もサツマイモの天ぷらが大好きなのでした。

鎌倉、今年は行きそびれました。
秋の鎌倉も素敵ですね^^
とても魅力的な町なので、もっとよく知りたいのですが、なにせ実家から結構時間がかかるので、現地にいられる時間が短いのが悩みです。
ハンナちゃん、焼き芋食べるんですね~
日本の焼き芋なんて羨ましいワンv-238

鎌倉にツーリング、いいですねー♪
そんなに遠くないのになぜか何年も行ってないです。
つい、通り越して葉山や秋谷に行ってしまう(^^ゞ
車だと混んでるし、何となく行きにくいんですよね。
こういう時、バイクっていいですねー

ハンナちゃん、アイスに焼いもにウマウマいっぱいよかったねー
ナナの大好きなものばかり!
そういえば、今年、ナナに焼いもをおまけしてくれる石焼いも売りの
おじさん来ないな・・・ どうしたんだろ??

いらさん

鎌倉の紅葉はまだまだのようですが秋の鎌倉を感じていただけると嬉しいです。
ハンナも決して小さくないんですよ。多分7㎏近いと思います。
小さい頃後籠に入れてたら籠の外に出てしまって肝を冷やしたことがありました。首輪でなく胴輪をしてたので首つりにならずに済んだのですが。
それ以来怖くて見える前籠に入れてます。
黒のお洋服って犬には珍しいのですが意外と可愛いものです。
この日はとってもいいこでしたよ。

ランちゃんは柿を食べるんですね。ハンナは果物はあまり喜ばないんです。
芋、栗、豆は大好きです。さすが女の子でしょう?
石焼き芋はやっぱり美味しいですね。
ハンナのお陰でこちらもご相伴になりました。

ポプラさん

少しでも鎌倉の秋を感じて下さいな。
帰国中はお友達にあったりいろいろな用で忙しいでしょう。
今年は残念でしたがまた来年の楽しみにして下さい。

ハンナはお芋は大好物です。
ふかし芋よりも石焼き芋がお気に入りのようです。
石焼き芋はフランスでは無理ですよね。
このホコホコと香りをお届けしたいですね。

t-nanaさん

鎌倉は車は不便ですよね。
前鎌倉にいた時は土日は海方面に車を出すのはよほどでないと出しませんでした。
ご実家に行った時に電車で行かれるのが一番ですよ。
駅前にレンタサイクルがあるので自転車だと回るのに便利です。
鎌倉は道も細いしくねくねしてるので自転車とかバイクが最適です。
鎌倉宮までは20分くらいなんですが山を越えるのが問題です。でも気候のいい時はこれからもハンナを連れて行ってみようかしら。

この日はアイスに焼き芋とご馳走でしたね。
ナナちゃんも焼き芋好きなのね。
おまけしてくれるおじさん早くくるといいですね。
ナナちゃんも待ってるわね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)