スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく開花

RIMG1074_20121014020656.jpg
庭の金木犀の花がようやく開花し始めたようです。

どこからともなくかぐわしい秋の香りが漂ってきます。
秋の夕方の湿ったようなノスタルジックな香りです。

子供の頃かくれんぼをしていた頃を思い出します。

今年はかなり大幅に遅れての開花です。例年なら10月の声を聞くと咲いてましたね。
先週長野方面に行きましたがいい香りがするとみたら金木犀が満開でした。

まだ曼珠沙華が咲いてるんですから今年はおかしいです。でも咲いてよかったです。
RIMG1049.jpg

これは二日ほど前のもの蕾が膨らんで来たものです。


RIMG1034.jpg
これも秋の花ですね。
コルチカムが咲いてます。
コルチカムは土がなくても咲くというので昨年義母の部屋に水やりがなくてもいいので開花したのを持っていきました。
生の花があるのは生命力を感じてくれるといいなと。
花が終わったので引き上げてきて植木鉢にそのまま置いておきました。

球根からそのまま花がでてくるかなと思ってましたが球根は中身がスカスカになって土の中から三本の蕾がでてきました。
そして開花しました。
RIMG1065.jpg
これって葉はどんなだったかしら?
花の後観察します。



春菊収穫 暑いのにすき焼き

RIMG0160_20120917000709.jpg
畑の春菊がかなり伸びてきて下葉が少し蒸れてきたので上の方をカットしました。
春菊は今までも少しづつカットしてお浸しや胡麻和えにしてきましたが結構多いので何しましょう。

ちょうど午後はパン教室の日だったので夕方簡単なのは鍋物よね。
でもこの暑さでは鍋は敬遠したいです。となるとすき焼きくらいかな?
夫はすき焼きOKと。では下仁田ネギも使えるわね。

で 下仁田ネギも数本引っこ抜きました。この下仁田ネギは山菜の会の時にmiyakoさんが半分くださったもの。
畑の脇の方に植えておいたのですがとなりの畝にさつまいもをうえてしまったのでネギの上に葉が覆いかぶさってきて日陰になってしまってます。

一度抜いて薬味にしたのですがこのネギは鍋など加熱して美味しいネギなので辛い。
本来ならもう少し太くなるのでしょうが仕方ないです。
RIMG0388_20120917001041.jpg
この日の収穫物です。この暑さで切るとすぐしおれかけてしまいます。
汚い葉をとって最近はやりの50℃のお湯につけてやりましたらすぐピンピンになりました。
ナスは秋ナスに更新させてから初めての収穫物です。

パン教室は夏の時期は発酵しすぎでやりにくいのでお休みで9月から再開です。

RIMG0389_20120917001322.jpg
この日作ったのはチョコとナッツを巻きこだリング状のパン。
復習のパンはオニオンロール。RIMG0391.jpg


二か月もお休みだと何もかもすっかり忘れてます。
今月は誰がお当番で何を復習で作るパンだったのかさえもです。
もしかして私がお当番だったかも(お当番さんが復習のパンの材料を持っていく)
で班のNさんに電話したら今回はNさんがお当番でした(良かった)。

お教室が始まって班のYさんが来ません。
「お休み?」「聞いてないわね。」「もしかして忘れてる?」 
電話をかけたらやっぱり忘れてました。
お教室全体で使うものを順番で持ち帰りますがそれをYさんが預かってました。

お隣の班でも一人来ないのに連絡がとれないと。

この暑さで少しみんな疲れてきてるんですね。

暑いなか汗だくでこねましたがなんとかパンは出来上がりました。
RIMG0393_20120917001802.jpg
このリングのパン甘いパンなのですがチョコがちょっとビターで胡桃とあっておいしいです。

オニオンロールは本来は上にチーズをかけて焼くのですがチーズ忘れてなし。
オニオンとベーコンがたくさん生地に混ぜ込まれてるパンです。

RIMG0395_20120917001959.jpg
すき焼きはさすがにクーラーを入れてやりましたよ。

春菊は香り高くおいしかったですよ。


待望の雨

RIMG0117.jpg
砂漠状態の猛暑でも元気なのはこの百日紅(さるすべり)の花。
家のは他よりも遅く今年は咲かないのかなと思ったら猛暑が続いてる頃に満開になりました。
本当に元気な花です。

前夜から横浜にも待望の雨が降ってます。

土曜日の午前中仕事中に回りが暗くなってきて患者さんが「雨が降ってきましたよ」と。
え~~!洗濯もの出しっぱなしだわよ~
Kさんがかなり降ってると。
夫が気づいて入れてくれてるか?
電話かけようにも忙しい~~

雨は通り雨のようですぐ止みました。

帰りにスーパーによって出たらまた雨。ちょうど上空に雨雲がいたようでバイクで帰ると家の方は全く道路が濡れてません。
やはり洗濯ものは取り入れられず。夫は「すぐ止んだよ」だって。
ベランダの手すりにかけておいたバスタオルは湿ってました。

午前中の仕事中になんだか腰のあたりが変。
午後トイレにたったら痛みが走りました。これはダメだとソファに寝転び状態。
夫が湿布を貼ってくれ、腰痛ベルトをしてくれたのでなんとか動けます。
プチぎっくり腰???

今朝はそんなに痛みはなくなってやれやれ。


夜から時折強い雨音ですが本当にめぐみの雨です。
横浜は14日に一日雨が降りましたがそれ以来降らず砂漠状態。畑もカラカラになってます。
うちの畑はそばに小川が山の上の方から流れてるのを大きな容器に引き込んでるので水には困らないのですが完全に土壌が乾燥してるのでジョーロでかけてるくらいでは表面が濡れるくらいです。
一日たっぷり雨が欲しいところでした。

7月始めにダムはほぼ100%だったのが現在7~10%の貯水量になってるとか。
この雨もダムのあるところで降ってくれないと意味ないんですがね。
秋の葉野菜の生育にも影響がでてくるし、わらびさんによると山荘まわりのきのこの成長にも影響大とか。

朝から降ったり止んだりですが降ると土砂降りになったりでしたが今外をみると止んだようです。
晴れ間がでてきました。
もう少し雨降るといいんだけどね~~。
TVでこの時間東京では激しい雨とのこと。
晴れたようですが天気は不安定で雷を伴う雨に注意ですって。

9月になったので気温も少しは下がってくるでしょう。

でも残暑はまだまだ続きますね~~(フー)
皆様夏バテしないようにしてくださいね。




ベーキング

RIMG1096.jpg
このくそ暑いのにベーキングをしました。
こなこな研究会のnonさんのところでみたテリーヌ風パンがおいしそう。

クリームチーズとドライフルーツのイチジクとプルーンが段々に入っててとってもおいしそうです。

レシピをみると捏ねはHB。一晩冷蔵発酵させてました。
暑いのでそれもいいなと思いながら量がすくないのでHBでなくてもと汗だくになりながら手捏ねしちゃいました。
捏ねが終わるとそのままつづけたくなり結局普通につくっちゃいました。

実は上の写真のものは二度目。
RIMG0888.jpg
一度目はレシピを見ながらだったので手順がよく呑み込めずに作ったのでフィリングが大きすぎでパン生地をのせて成形が甘かったりで出来上がったら隙間ができてしまいました。
nonさんのものとはかなり違います。笑っちゃうほどね。
二度目のも大分違うなぁ?nonさんのようにおいしそうなのを作るのはもう少しかかりそうです。
でも味はよかったので再び挑戦。こういうドライフルーツの入ったパン大好きです。

二度目はうまくできました。
イチジクが行方不明(食べちゃったかな?)だったのでプルーンとくるみとピールにしました。
これも美味しかったです。どれも小さ目にカットしたのできれいにできました。

薄く切って食べてますが粉が200gほどなので2~3日でなくなってしまいます。
夏はあついけど発酵にはいいので200gくらいならそんなに大変でないのでこの夏何度か焼きそうです。

nonさん 美味しいパンのご紹介ありがとうございました。


パン教室で習ってくるパンは分量が多すぎで復習と思っても手が出ないです。

パン教室は7月、8月は暑いのでお休み。
RIMG0387.jpg
RIMG0386.jpg
6月に作ったパンはホテルブレッドとコーンとウインナのデリカパンでした。







ペーズリー模様が好き

RIMG0787_20120717001823.jpg
ペーズリー模様が大好きです。

昨日近くのダイエーに入ってるユニクロへ。土曜日の広告でクロップドパンツが安くなってるので物色しに。
レギンスタイプのものでウエストに紐が通ってます。
あまり気に食わないので他のものは?とUJの普通のデニム系のクロップドパンツが広告のものより安い。
これ試着したのですが股上が浅いです。
やっぱり若い子向きだわね。

年齢相当の普通のものを探してみましょうと他のフロアへ。
なかなか気に入るものないですね。
RIMG0788.jpg
帰ろうとUターンしたら目に入ったのがペーズリー模様のブラウス。
簡単なパターンのもので自分でも作れそうなのはわかってますが同じようなペーズリーを探す方が大変。
バーゲン中だったので買っちゃいました。
コットンでないのがちと気にかかりますが袖が大きく襟ぐりも大き目なので涼しいかも。
色はブルー系と赤系がありました。
どちらも好きな色合いで迷いましたが時期的にブルーの方が爽やかかな。
明日お友達と会うので早速着て行きます。


以前は花模様も大好きでしたが今更かわいい花柄よりもペーズリーの方が安心感あります。

RIMG0790_20120718002640.jpg
かなり昔に縫った服でなかなか捨てられずにタンスに入ってる服があります。これもペーズリーです。

RIMG0789.jpg
この服は中国服ではなくベトナムのアオザイをアレンジしたデザインです。
アオザイなのでウエストまでスリットがあります。
同じ生地でワイドパンツも作りました。
この服は悲しいことに多分入らないと思います。入ってもパンパンでしょう。
これを縫った頃はもっとスリムだったのよね。

パンツの方だけ普段用にはいてます。ワイドパンツなので結構涼しいのです。
アオザイは暑い国の服なので当たり前ですが思ったよりずっと涼しい服なんです。
RIMG0791.jpg
首は立ち襟で閉まってますがスリットがウエストまであるので風が通ります。
アオザイ風のこの服を着て歩くときは人の目を気にします。あまり見かけない服なので注目されることも。

体をこの服に合うように痩せればいいのですがちょい無理です。
ペーズリー模様の生地があればもう一度作りたいところです。




梅仕事

RIMG0314.jpg
毎年この時期になると今年は梅どうしようと・・・

今年は梅の開花がかなり遅かったので実がなるのもかなり遅れるのかと思ったのにそうでもなかったですね。

先日畑のズッキーニが続けて収穫できたので畑の近くのスタッフさんのお宅に寄ってもらってもらいました。
エビでタイをつってきちゃいました。
お庭の梅がたくさん採れたので電話してくれたらしいのですが気づかず。グッドタイミング。
小粒ですがきれいな梅をたくさんいただいてきてしまいました。
1.3kgほどありました。

RIMG0320.jpg
半分は梅シロップにお砂糖で漬けました。
半分はやはり梅酒でしょうか。ホワイトリカーでなくブランデーで漬けてみます。
RIMG0345.jpg
半量なので梅酒用のブランデーは1.8リットルで多過ぎるので普通のブランデーを使いました。


梅干は三年くらい前にジップロックで漬けて保存瓶に入ってますが年に数えるほどしか使わないのでなくなりません。
山荘でわらびさんが漬けたという8%塩分の梅干をいただきましたがこのくらいだと梅干というよりも梅です。
このくらいなら食べられるかもしれません。

大きな粒のものを取り寄せて作ってみたいと思わせるものでした。

その前に現在ある梅干をどうにかしないとね。
梅びしおを作ってみましょう。

RIMG0315.jpg
これが何年か前の梅干です。
梅は水につけて塩抜き。
種をとって裏ごしにかけて砂糖とみりんを加え火にかけて練ります。
RIMG0343.jpg
完成品がこれ。
甘酸っぱくてこれなら食べられそう。

ではさっそくなにしましょう。
RIMG0357_20120620004000.jpg
仕事から帰ってお腹ペコペコ。おひつのごはんを軽く温めて梅びしおを少し混ぜ常備菜の油揚げの煮たものとわらびの赤ワイン漬けを混ぜて簡単お寿司。
少し甘酸っぱいお寿司でしたがこれ簡単でいいですよ。

RIMG0385.jpg
そして鶏胸肉を開いて大葉と梅びしおを塗ってフライ衣をつけて揚げました。
タルタルソースならず梅びしおを混ぜたマヨネーズをそえて。

この時期さっぱりといただけますよ。

さぁ梅干にも再チャレンジしましょうか。








シラスピザとUFOパン

RIMG1776.jpg
土曜日のパン教室でシラスピザを作りました。

家では作ったことないですがお店ではなんどか食べたことあります。
シンプルにシラスとチーズだけのものもありました。

お教室のはサワークリームと生クリームを使ったものでお店のとはまた違った感じでおいしいです。


材料を書いておきますね。お教室では粉600gで4枚作りました。
ピザクラスト
強力粉     500g
薄力粉     100g
ドライイースト  6g  
オリーブオイル 18cc 
塩       11g
ぬるま湯    360cc

サワークリーム  90cc 
生クリーム   135cc 
玉ねぎ      2個
シラス      120g
まいたけ     1/2パック
ピザ用チーズ   好きなだけ

コショウ
パプリカ

ソースはサワークリームと生クリームをよく合わせ塩コショウ、パプリカをいれ薄切りの玉ねぎをあえてピザ台にのせてまいたけを細かく切ったものをのせシラスとピザ用チーズをのせて焼きます。
焼くときに天板だけを先に230℃で熱くしておきピザを載せて5~6分焼く。

こうすると裏もカリッと焼けます。

今までも時々焼きましたがどうしても台の裏がカリッと焼けなくて・・
ピザ窯は高温であっという間に焼けるのにオーブンではだめかなと思ってました。
この方法だとピザ窯なくても大丈夫です。


RIMG1777.jpg
このピザと復習パンとして作ったのはUFOパン

ココア生地にチョコレートを入れて上にトッピング生地をのせて焼くと溶けて縁ができUFOのような形になります。
材料をみるとかなりの高カロリーのパンですがおいしいんです。

食べ過ぎに注意が必要です。



菜園デビュー

RIMG1508.jpg
今月から使用している菜園ですが今月初めに少し耕し、石灰を撒きこんでおきました。
今月になってから雨が多く、なかなか天気になりません。
RIMG1468_20120316003909.jpg
皆さんから春はまずジャガイモとアドバイスをいただいたのでジャガイモの種芋を買ってきました。
ジャガイモもいろんな種類が出てますがオーソドックスに男爵を選びました。
RIMG1469_20120316003918.jpg
半分にカットして乾かしてから植えるので半分にカットして3日ほど干しました。
切り口が黒ずんできたので早く植えないとです。
ようやお天気になったので植えに行ってきました。
たまたまTVの野菜の時間でジャガイモの植え付けをやってたのでグッドタイミング。
ジャガイモは石灰は不要とのことであらら~~です。
その後かなり雨が降ったので流れたかも。
取り合えず植えてみます。

生育の経過を撮っておこうと思ったのにカメラを忘れました。

まずは紐で印をつけて掘り起し30cm間隔に置き、間に堆肥と化成肥料を置き土をかぶせました。
30個ほどあったので3列できました。

前の使用者がほとんど一面をジャガイモを作ってたそうで作業をしてた方が連作病がでないといいんだけどと・・

もう植えてしまったのであとは天に任せるだけです。
ジャガイモは水を撒かなくていいんだそうです。
植えただけでいいなんて楽な野菜です。

一緒にカーボロネロ(黒キャベツ)とソラマメを植えようと買っておいた苗を忘れて来たので翌日一人で植えに行ってきました。

RIMG1497_20120316004914.jpg

カーボロネロはベランダに置いておいたら鳥が葉を食べてくれたので鳥よけがいります。
RIMG1506.jpg
ベランダにチキンワイヤーが転がってたので簡単に鳥よけを作ることに。
チキンワイヤーの両端を丸めて土に置き飛ばないように割り箸で抑えました。
袋の中にシート用の押さえ具があったのでこれも使ってみました。
葉が育ってきたらもう少し大きいものにしないとです。

RIMG1500_20120316004949.jpg
ソラマメには支柱がいるというのでこれも割り箸の残りで抑えておきました。
今度行くときはもう少しちゃんとした支柱をたてないとです。
本当はもう遅いのかもしれませんが今年は寒いのでまだ大丈夫よとお隣の方。
RIMG1507_20120316005017.jpg
3株ほど植えてみました。

RIMG1502_20120316005238.jpg
作業をしてた方がネギがたくさんできてしまったので「新人さん持っていきなさい」と言ってくださったのでありがたくいただいてきました。
太くて立派なネギです。
こんなのが採れると楽しいでしょうね。

育成ポットにディルとパセリの種を撒いたのですが寒いのでなかなか芽がでません。

あとは何を植えようかしら。


ようやく春の気配が・・・

RIMG1330_20120225011810.jpg
今週の後半は本当に寒かったですね。
こんなに寒いと感じるのは年のせい???だけではないですよね。

今年はとうとうヒートテックの長そでのインナーを着てしまいました。

昨年フランスに行くときに寒いといけないと購入してみたのですがフランスでは着ることがなかったです。

いままでどんなに寒くても袖のあるインナーを着ることはほとんどなかったです。
タンクトップ型のインナーで見ごろはダブルでも袖はずっとシングルだったんですよね。
でも今年は長そでを着たら脱げなくなってしまいました。

そしてコートも厚手のダウンでも寒くてとうとう毛皮を引っ張り出してしまいました。

この毛皮はシルバーミンクで義母がもう着ないからとくれたものですが暖冬が続いてて着ることはなくお荷物状態。高価なものでしょうが着るのには勇気がいて何年も出したことがなかったのです。

日の目を見ることなかったですが一昨年一度だけ区役所の仕事の時にあまりの寒さで毛皮のコートを着てバイクで出勤したのですがミンクのコートでバイクは考えるとすごくおかしいですよね。

昨年も一度だけ寒さに勝てず引っ張り出しました。

今年はなんともう3回も着てしまいました。
毛皮は本当にあったかい~~です。
現在はあまり毛皮を着てるのを見ることもなく重いので着るのに覚悟が要りますが、今年の寒さにはありがたいです。
なるほど動物は毛皮をきてるので寒くないわけですね。でも夏はかわいそう。
RIMG1333.jpg

今週は少しだけ暖かい日もありようやく梅が膨らみ、蝋梅が咲いてきてます。
昨日は朝は風が冷たかったですが暖かくなり早咲きの梅が香ってました。
寒いうちから咲く河津桜もまだまだです。

明日は診察日で沼津までいきますが一年前の診察の時は暖かくて帰りに松田の満開の河津桜と菜の花を見てきたのですが今年は無理でしょう。

来週バスツァーがあり偕楽園の梅を見に行く予定ですが全く期待できません。

桜の開花予想も出てましたね。
東京周辺は3月31日とかなり遅いです。

でも確実に春はそこまでやってきてますね。

は~~るよこい は~~やくこい♪♪








バレンタインデー

RIMG1265.jpg
バレンタインデーの直前にFujikaさんより今年も素敵なプレゼントが届きました。

今年も3つのものが入ってます。

RIMG1266.jpg
細長い箱はFujikaさんが丁寧に作りためたピール類のチョコレートがけ。手作りのカードにこんなにいろんな種類。これだけの種類のピールを作るのは大変です。一種類のピールをつくるのだって大変です。
年々ピールもチョコ掛けも腕をあげてます。
そしてかわいいお花のプリントの箱も手作りです。こちらもすっかり上手になってます。
どれもおいしいです。

RIMG1267.jpg
こちらの箱は干し芋さんたち。
Fujikaさんの畑で採れたお芋もはいってます。
干し芋といってもカラフルでいろんな色があります。

RIMG1268_20120216003104.jpg
そしてこのすてきな包装はもちろん巻柿。

この巻柿をつくるのに秋になると干し柿を何千個も作られます。
そして種があるものはご家族で種をとって巻き簾に広げ芯に柚子のピールをのせて海苔巻の要領で巻いたもの。
RIMG1271.jpg
毎年たくさんの巻柿を皆さんで作って荷造りひもでぐるぐる巻いたものです。

我が家も昨年は叔母の庭の庄内柿、Fujikaさんからいただいた佐渡の柿、ネットで取り寄せた甲州大和柿の干し柿を作りました。
数にしたら80個くらいだったでしょうか。

お友達に差し上げたり、袋にいれてリビングのテーブルに置いておくと夫が夕食後につまんでのこり3個になってます。
本当は巻柿を作るつもりだったのですが。
昔は干し柿なんておいしいと思わなかったのですが・・・年と共に嗜好も変わり今は自然の甘味で本当に美味しいです。

無くなりかけてたのでFujikaさんの巻柿はうれしい。
でも大事にうすく切っていただきます。なのでまだそのままです。
本当はカットした断面をおみせしたいのですが・・・・今年はどんなバラ模様がみられるでしょうか。

Fujikaさん いつもありがとうございます。



昨日のバレンタインデー 夫には近くのスーパーのチョコ売場にあったブランデーのチョコを選びました。
息子は昨年もあげたのにそのまま放置されてたのであげませんでした。

kuishinbouさんが生チョコをご主人のためにつくられたという記事をみて真似しようとおもいましたがチョコレートはテンパリングが難しい。
たまたま日曜日の夕方チョコレートの番組をやってました。
温度を上げたチョコレートを大理石の台の上で混ぜながら冷まし、再び温度を上げるなんてプロの技。

美味しいチョコレートはプロに任せます。

RIMG1272.jpg
でも何か作ろうと始めたのは久々のマカロン。

マカロンもいろんなレシピがありどれが一番いいのかまでわからないのでいい加減に自分流にしてしまいました。

やっぱり失敗だ~~。
天板を二枚重ねなかったので下火が強かったのでしょう。
表面がひび割れができてしまいました。
少し長めに焼いたのでシートに底がくっついてしまうことはなかったのですが。

マカロナージュがやりすぎでしょうか?生地が軟らかめで形も流れて不定形です。おまけにピエの入り方が少ないときてます。

完全なる失敗作。
でももう一度作るのは面倒だし材料が切れてしまいました。
RIMG1279.jpg
ガナッシュを挟み上から粉糖をかけてごまかしました。

味はわるくないんですよ。家で食べるのなら良しとしましょう。

毎年隣の姪っ子たちがバレンタインの義理チョコをくれてましたが二人ともボーイフレンドができたので
今年はこちらまで回ってきませんでした。
ちょっぴり寂しいですがしかたないですね。これも成長の証しでしょう。





生姜鍋

RIMG1148.jpg
今夜から関東地方は二度目の雪になるという予報です。

でも今朝はこの何日間の寒さがなくハンナの散歩もとっても楽でした。
一緒に散歩したポンタくんのママとこんなにあったかいのに雪が降るのかしら?と

雪が降る前って意外と暖かいことがあるんですね。
子供たちが小学生の頃授業参観の日前日が暖かかったのにかなりの雪が降ったことがありました。
なので予報通りになるのでしょう。
夕方はさすがに寒くなってきましたがそれでも今までよりも暖かい。

雪になるというので生姜鍋というのをやってみました。

生姜鍋は初めての鍋です。

先週TVで生姜専門店のお鍋がでてきました。
生姜がたっぷり入ってレタスと豚肉を煮て食べるというものでした。

汁がどんな味なのかわかりませんが適当にやってみました。

昆布出しと市販の白だしにみりんで汁を作り、おろし生姜をたっぷり入れ具材はシャブシャブ用豚肉、レタスともやしとシンプルです。

お店ではレタスをサッと火を通し、豚肉を巻いて食べてました。

レタスをサッと煮るのっておいしいですよね。シャキシャキ感が残るくらいにして生姜味の汁と合います。
もやしは冷蔵庫にあったので入れたのですがこれもおいしいです。
生姜がたっぷりなので体が温まります。


今23時30分過ぎ外をみたら雨なのか雪なのかわかりませんが車のフロントガラスを見るとうっすら雪が積もってます。

先週の初雪は明け方から降り出したので大したことなかったのですが今から降ると明日は銀世界かも。

雪はあまりありがたくないですね。
道路凍結などで事故がないように願いたいものです。




モンローブレッド

RIMG1141.jpg
土曜日のパン教室で焼いたのがモンローブレッドというパン。

モンローブレッドというのは初めて聞きます。
いったいどんなパンなのでしょう。

デニッシュ生地を食パン生地で巻いて焼くという説明ではどういうのか全くイメージがわきません。

デニッシュはだいぶ前に習いましたが時間も手間もかかり二度と作りたくないと不評。
もちろん食べるだけならOKです。

それなのにデニッシュ生地を作るの~~とブーイング。

先生はあの時ほど大変ではないと言うのですが・・・

地区センターの料理室は日当たりがよく発酵します。
デニッシュを作ったときは天気がいい日だったのでバターがすぐとけ始めてなおさら大変でした。
今回は雨ですごく寒くて料理室も暖房はきいてますが結構寒いので作りやすかったのかもしれません。
思ったよりもうまくデニッシュ生地ができました。
同時に食パン生地を発酵させてます。
デニッシュ生地をくるくると巻いてその上を食パン生地で巻き込みます。
それを輪切りにしてパンケースに入れて発酵させて焼きました。
寒いので仕上げ発酵に時間がかかります。
食パンケースを持っていくのを忘れてしまったので先生の小型のケースを二個お借りして焼きました。
発酵してくるとデニッシュの渦がきれいで焼けてくるとバターがとってもいい匂いです。

RIMG1143.jpg
渦に焼き色がついておいしそうでしょ。
えも白い食パンにデニッシュ生地では縦に切ってもあまりよくは見えません。
バターで層になってるので薄くはがれます。

市販のデニッシュショコラだとチョコレート生地が縦に入って見えますね。あれと同じようなものです。

食べてみると食パンとデニッシュの触感が違いがわかります。デニッシュ生地はしっとりとしておいしいです。

なんでモンローブレッドというのか検索してみましたがこういう名前のパンはあるようですがいわれまではわかりません。

検索してて八景島のそばにあるブレーメンという名の知れたパン屋さんにモンローブレッドがあるようです。

今度近くに行ったときに買ってこようと思います。

RIMG1142.jpg
この日復讐で作ったのはイーストドーナツ。

餡ドーナツとポテトサラダを入れたものとシンプルjにツイストドーナツの三種です。




干し柿第二弾、第三弾

IMGP0350_20111229013234.jpg
昨年は干し柿がカビが出てしまいダメでしたが今年はいい具合に干し柿ができました。
第一弾は山形の庄内柿で10月末から干し、フランスに行ってる間が心配でしたがなんとかできてました。
その柿は冷蔵庫に入れておいたらこんなに粉を吹いてきました。

IMGP0335.jpg
第二弾は11月23日のみかん狩りの時にFujikaさんからいただいた佐渡の柿。
このころはかなり寒くなってきてたのでカビは心配ないのですが鳥の襲来が心配です。
最初の柿は干したそのままの形でしたが、これは丸く平べったくしてみました。
現在少しずつ粉が吹いてきてます。
写真の粉を吹いてるのが第一弾の柿、丸いのが第二弾、右の細長いのはみかん狩りの時にカイエさんからいただいた筆柿です。


IMGP0294.jpg
そしてそのあとすぐにネットで甲州大和柿を買い干しました。
この柿は一個が大きいです。(それでも小さ目のものを注文したのですが)
1箱に20個入ってました。
IMGP0302.jpg
この柿はピーラーで皮を剥いたほうがいいと書かれてたのでその通りにしてみました。ナイフで剥くよりは早く剥けます。
IMGP0303.jpg
一個が重量があるので紐を輪にして両側に1つづつつけて物干しざおにかけました。
前にかかってるのは第二弾の柿です。
こんなに大きいのでかなり日数がかかると思いましたが以外にも早く二週間で完成。

この大きい柿はしわをのばす工程がありその後ざるに並べてさらに干しました。

先端はオレンジ色が残ってますがどうしても黒ずんでしまいます。

この干し柿はボリュームがあり一個たべるとかなり満腹感あります。

干し柿は子供の頃は大嫌いだったのですが、今はおいしくて大好きです。





味噌澄まし

味噌すまし
「味噌すまし」ご存じですか?
私は初めて聞く言葉です。

これは朝日新聞で集金時におまけについてくる「おかずのクッキング」のダイジェスト版に載ってたもの。
「おかずのクッキング」は料理研究家の土井善晴さんがやってるテレビ朝日の料理番組です。
実際の番組は金曜日の午前なのでマンドリンの練習日なのでみたことはないです。

10月号にこの「味噌すまし」が載ってます。
放映スケジュールは第二週なので今度の金曜日が放送日なのでしょう。

昔はあったけど今はなくなってしまった味噌の調理法だそうです。
昔は醤油は高価であり、味噌はたくさんあったのでこれを濾して醤油で調味した出汁の変わりにしたようです。
醤油が使われるようになりこの味噌すましは次第に忘れ去られてしまったようです。

なんと土井善晴さんもご存じではなかったものでした。



いわゆる味噌汁の上澄みのこと。

お味噌汁をしばらく置いておくと味噌が沈殿してしますよね。
でも食べるときにお箸で混ぜてしましますね。
上澄みだけではおいしそうには見えませんから。

この気になる「味噌すまし」作ってみました。

作り方はとっても簡単。
二番だし5カップに味噌100gを溶かし固く絞ったふきんで濾すだけ。
重要なポイントは自然に落ちるのをまって決して絞らないこと。でないと濁ってしまいます。
お味噌は今食べてる自家製味噌が麹が少ないのか旨みが欠けてしょっぱいので先日秩父で買ってきた味噌を
6:4くらいにしてみました。
自家製味噌がかなり黒っぽくなってるので濾すとお醤油のような色になりました。

これを使ってのお料理が載ってたので素直に真似してみました。

とろろ
まずはとろろ。

関西では山の芋というジャガイモの大きくなったような粘りの強い丸い芋を使いますが、このあたりではやまといもです。
山の芋だときっと旨みも強いので卵も入れずこの「味噌すまし」だけで十分なのでしょう。

うずら入り
私はこのまま食べてみましたが夫と息子にはうずら卵を落としました。

とろろはいつも醤油味のお出しを入れますが麦とろで有名な丸子では味噌汁で伸ばすようです。
なので味噌味でも合うんでしょうね。
ほんのりとお味噌の香りがします。
やはり卵が入らないとこくが今一歩。
山の芋か自然薯で作ったらもっとおいしいでしょうね。


豚汁
味噌澄ましがたくさんできたのでもう一品豚汁も。

味噌澄ましを煮立て豚肉を入れて火が通ったら豆腐を掬い入れるだけ。
とってもシンプルな豚汁です。
豚汁というよりもけんちん汁に近いかも。
土井さんは吸い口に黒こしょうをひくとのことですが黒こしょうより細ネギの小口切りの方が好みかな。

味噌かす
ふきんに残った味噌のかすは食べるんですって。
味見したら思ったよりもクリーミーです。
温かいごはんにのせるとおいしいとのことですがいまいちかな。
まずくはないけど・・・。

もう少し何かを足したらいいかも。
クルミを擦ってもいいかなと思いましたが面倒なのでタヒニとディジョンのマスタードを加えてみました。
結構いい感じです。
きんぴらパン
これをイングリッシュマフィンをトーストしたものにたっぷり塗り、作り置きのきんぴらをのせてみました。
あはは これおいしいよ。
味噌かすはなめらかで味噌の風味も残ってます。そこにタヒニのコクとマスタードの風味が入ります。
面白い組み合わせでしょ。






PIZZA

214.jpg
台風が過ぎ去り急に秋らしくなってきました。

今朝は北からの風が冷たいくらいでした。

こうして涼しくなると何か作りたくなってきますね。

バジルの葉を収穫したのでお昼にマルガリータでも焼きましょう。
と思い立ったのはもう11時近いころでした。

夫と二人のランチにはピザは大き目のものが1枚あれば十分です。

ルクエのペティートで生地を作りましょう。

ルクエでのパン作りはこなこな研究会のnonさんの本もありますが、nonさんが最初の部分を動画にされてるので見るとコツがわかりやすいです。

212.jpg
我が家ではピザはパンのように厚いのは好みません。いわゆるクリスピータイプというのかな。
粉80gで作った生地をうすく広げ今回はトマトソースもつくらずトマトペースト一袋に水とオリーブオイル、塩、こしょう、オレガノを入れてレンジで温めたものをソースに塗り、玉ねぎのスライス、ハム、フレッシュトマト、サラダ紫(神奈川で開発されたなす)のスライス、だだちゃ豆をのせ、チーズをのせてバジルを少しのせて焼きました。
213.jpg
チーズはシュレッドタイプのピザチーズやモッツァレラではなく冷蔵庫にあったのはゴーダチーズ。
ハンナも欲しがるので半分は玉ねぎなしです。

シンプルなマルガリータのつもりがミックスマルガリータになっちゃいました。

バジルを乗せて焼くと石釜ならあっというまに焼けるのでいいのでしょうがオーブンだと変色してきたなくなります。
ピザ屋さんのCMでもフレッシュバジルを後でのせるというのがあるので焼きあがってからバジルをトッピングしました。

薄い生地で周囲に焦げ目がつきチーズがフツフツしてきたので食べたのですが生地の裏側までこんがりしてなかったです。全体がパリパリが理想なんですがね。電気オーブンで250度では無理なのかな?

石釜で焼いたようになるというオーブンがあるといいな。

ゴーダチーズはこくがあっておいしいです。これからはピザはゴーダチーズにしようかしら。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。